Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 版築(はんちく)とは、土を建材に用い強く突き固める方法で、堅固な土壁や建築の基礎部分を徐々に高く構築する工法を指す。古代から用いられてきた。なお版築で作った壁等の構造物自体を指して版築と呼ぶ場合もある。本来、版築自体はほぼ土や石(礫)のみ若しくはそれらと少量の石灰等の混合物でできているが、現在ではセメントを混ぜコンクリートに近い特性を持たせることも多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 760241 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5429 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57881150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 版築(はんちく)とは、土を建材に用い強く突き固める方法で、堅固な土壁や建築の基礎部分を徐々に高く構築する工法を指す。古代から用いられてきた。なお版築で作った壁等の構造物自体を指して版築と呼ぶ場合もある。本来、版築自体はほぼ土や石(礫)のみ若しくはそれらと少量の石灰等の混合物でできているが、現在ではセメントを混ぜコンクリートに近い特性を持たせることも多い。
rdfs:label
  • 版築
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of