Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 父親(ちちおや)とは男親のことである。「お父さん」と一般には呼び、親しみをこめて「とうさん」「親父」(おやじ)などと呼ばれる場合もある。日本語においてこれらの呼称は、養父など社会的な父親、すなわち文化人類学で言うところのペイター (pater) であるか、生物学的な遺伝的な意味での父親であるジェニター (genitor) であるかとは無関係に用いられる。「お父さん」という呼称は、子が父親に呼びかけるとき父親が子に対して自分のことを指して言うとき妻が夫を言うときに子の父親として言うとき一家の主人として呼ぶとき会話で他人の父親に言及する場合。「~のお父さん」 にも用いられる。2、3の場合は、話者が子の立場に自らを擬して言うという特徴がある。5の場合、おじ(いとこのお父さん)やいとこおじ(はとこのお父さん)など傍系尊属に当たる男性を指す場合もある。また、子から見て1親等の親族で男性の親のこととも言う。幼児語で父親のことを「パパ」と言うが、「パパ」は「ママ」ほど意味のひろがりはない。日本では首都圏で「ママ」と同様によく使用される。関西では「おとうちゃん」が普通である。なおパパの語源はローマ教皇を表すPope(英)と同じでありギリシャ語 παππας(pappas)→ラテン語 papa→Popeとなる。「父ちゃん」と呼ぶことはあまりない。キリスト教においては神は「父」と呼ばれる。ヘブライ語の「アッバ」(「父ちゃん」「パパ」の意)という幼児語が当てられており、畏怖の対象というより親しい存在とされている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 213332 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6551 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 193 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58929291 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 父親(ちちおや)とは男親のことである。「お父さん」と一般には呼び、親しみをこめて「とうさん」「親父」(おやじ)などと呼ばれる場合もある。日本語においてこれらの呼称は、養父など社会的な父親、すなわち文化人類学で言うところのペイター (pater) であるか、生物学的な遺伝的な意味での父親であるジェニター (genitor) であるかとは無関係に用いられる。「お父さん」という呼称は、子が父親に呼びかけるとき父親が子に対して自分のことを指して言うとき妻が夫を言うときに子の父親として言うとき一家の主人として呼ぶとき会話で他人の父親に言及する場合。「~のお父さん」 にも用いられる。2、3の場合は、話者が子の立場に自らを擬して言うという特徴がある。5の場合、おじ(いとこのお父さん)やいとこおじ(はとこのお父さん)など傍系尊属に当たる男性を指す場合もある。また、子から見て1親等の親族で男性の親のこととも言う。幼児語で父親のことを「パパ」と言うが、「パパ」は「ママ」ほど意味のひろがりはない。日本では首都圏で「ママ」と同様によく使用される。関西では「おとうちゃん」が普通である。なおパパの語源はローマ教皇を表すPope(英)と同じでありギリシャ語 παππας(pappas)→ラテン語 papa→Popeとなる。「父ちゃん」と呼ぶことはあまりない。キリスト教においては神は「父」と呼ばれる。ヘブライ語の「アッバ」(「父ちゃん」「パパ」の意)という幼児語が当てられており、畏怖の対象というより親しい存在とされている。
rdfs:label
  • 父親
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:nickname of
is prop-ja:relatives of
is prop-ja:著名な家族 of
is prop-ja: of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is foaf:primaryTopic of