Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 爆風(ばくふう、Blast Wave)とは、爆発に伴い空気中を伝播する圧縮波と、圧縮波の背後に出来る波形構造を含む負圧のこと。爆風には三つの特徴がある。伝播速度が音速以上である波面が不連続で、波面の前後で密度と圧力の急激な変化がある。爆風の後には負圧を伴う。伝播速度が音速以下にまで減衰したものは爆音になる。一般に、爆風による過圧 (Over pressure) は爆薬量の3乗根に比例して大きくなり、爆源からの距離に反比例して小さくなる。爆風による圧力はブラストメーターという測定装置で測定することが出来る。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 961567 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2991 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58250856 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012-06-06 (xsd:date)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 爆風(ばくふう、Blast Wave)とは、爆発に伴い空気中を伝播する圧縮波と、圧縮波の背後に出来る波形構造を含む負圧のこと。爆風には三つの特徴がある。伝播速度が音速以上である波面が不連続で、波面の前後で密度と圧力の急激な変化がある。爆風の後には負圧を伴う。伝播速度が音速以下にまで減衰したものは爆音になる。一般に、爆風による過圧 (Over pressure) は爆薬量の3乗根に比例して大きくなり、爆源からの距離に反比例して小さくなる。爆風による圧力はブラストメーターという測定装置で測定することが出来る。
rdfs:label
  • 爆風
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of