Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 熊谷東松山道路(くまがやひがしまつやまどうろ)は、埼玉県熊谷市から東松山市の国道254号、関越自動車道東松山ICへ至る県道の通称である。東松山側では森林公園通りとも呼ばれる。東松山インターチェンジから埼玉県北部、群馬県東部へのアクセス道路となっている。この道路が建設された背景には、関越自動車道が開通すると熊谷市周辺などの県北部や群馬県東部から東京方面へ行く場合には、東松山インターチェンジへ流入することが予測されていたが、当時は東松山市と熊谷市をはじめとする県北部では生活圏の結びつきが少なかったことから流動が少なく、道路も1.5車線から2車線程度の県道のみ(併行する国道407号は当時、埼玉県道熊谷入間線)で道路整備が遅れていたため、通行量増加に耐えうる道路が至急に必要であったことから、有料道路方式によって整備された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 79038 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2346 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48476863 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • left
prop-ja:number
  • 47 (xsd:integer)
  • 173 (xsd:integer)
  • 385 (xsd:integer)
prop-ja:pref
  • 埼玉
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 熊谷東松山道路(くまがやひがしまつやまどうろ)は、埼玉県熊谷市から東松山市の国道254号、関越自動車道東松山ICへ至る県道の通称である。東松山側では森林公園通りとも呼ばれる。東松山インターチェンジから埼玉県北部、群馬県東部へのアクセス道路となっている。この道路が建設された背景には、関越自動車道が開通すると熊谷市周辺などの県北部や群馬県東部から東京方面へ行く場合には、東松山インターチェンジへ流入することが予測されていたが、当時は東松山市と熊谷市をはじめとする県北部では生活圏の結びつきが少なかったことから流動が少なく、道路も1.5車線から2車線程度の県道のみ(併行する国道407号は当時、埼玉県道熊谷入間線)で道路整備が遅れていたため、通行量増加に耐えうる道路が至急に必要であったことから、有料道路方式によって整備された。
rdfs:label
  • 熊谷東松山道路
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of