Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 煙幕(えんまく、smoke screen)は、軍事部隊などの活動や位置を隠蔽するために発生させる煙である。もっとも一般的な形態として、小さな缶状の手榴弾がある。この手榴弾から放出される白色もしくは有色の、非常に濃い煙は微かな風でも拡散し、周辺領域を満たすように設計されている。煙幕は古くから、敵の照準に対して自らの活動を隠すことを主目的として用いられてきた。しかし、現代の戦闘では、より新たな目的に利用される。例えば、可視光線と同様に赤外線をさえぎることで赤外線に反応するセンサーや赤外線を利用した暗視装置によって発見されることを防ぎ、また、測距用や照準用のレーザー光をさえぎることで車両や兵士に対する攻撃を妨ぐことができる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1203560 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4442 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57508736 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 煙幕(えんまく、smoke screen)は、軍事部隊などの活動や位置を隠蔽するために発生させる煙である。もっとも一般的な形態として、小さな缶状の手榴弾がある。この手榴弾から放出される白色もしくは有色の、非常に濃い煙は微かな風でも拡散し、周辺領域を満たすように設計されている。煙幕は古くから、敵の照準に対して自らの活動を隠すことを主目的として用いられてきた。しかし、現代の戦闘では、より新たな目的に利用される。例えば、可視光線と同様に赤外線をさえぎることで赤外線に反応するセンサーや赤外線を利用した暗視装置によって発見されることを防ぎ、また、測距用や照準用のレーザー光をさえぎることで車両や兵士に対する攻撃を妨ぐことができる。
rdfs:label
  • 煙幕
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of