Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 焼く(やく)、または焼き(やき)とは、調理技法の一種で、本来は熱媒(鍋・釜や油)を利用せず、火で直接食品を加熱する調理法であり、加熱調理の技法としては人類最古のものと思われる。英語では"Roast"、"Bake"、"Toast"、"Grill"、"Pan fry"、"Sauté"(仏語のソテー由来)など複数の言葉で表され、異なると考えられている調理技法が、日本語の和語ではすべて「焼く」というひとつの動詞で一括されている。同様に中華料理で用いる中国語でも、「烤」(カオ)、「煎」(チエン)、「扒」(パー)、「炒」(チャオ)など複数調理法も和語では「焼く」と総称されている。料理のテキストなどで、肉の外側に焼き目を付けて肉汁の流出を抑える「リソレ( 仏:rissoler 焼きつけ)」というテクニックを教えられている事がある。これは1850年頃にドイツの化学者であるユストゥス・フォン・リービッヒによって提唱された説だが、この説は誤りであることが証明されている。しかし、著名なシェフであるオーギュスト・エスコフィエなどが支持してしまった為か、今日に至るまでこの説を信じている人は多い。現在においては、特殊な道具や調理器具を用いて加熱する場合にも用法が広がっており、日本でも「焼く」の定義は細分化されている。それぞれの定義については下記を参照のこと。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 81674 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4035 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58771332 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 焼く(やく)、または焼き(やき)とは、調理技法の一種で、本来は熱媒(鍋・釜や油)を利用せず、火で直接食品を加熱する調理法であり、加熱調理の技法としては人類最古のものと思われる。英語では"Roast"、"Bake"、"Toast"、"Grill"、"Pan fry"、"Sauté"(仏語のソテー由来)など複数の言葉で表され、異なると考えられている調理技法が、日本語の和語ではすべて「焼く」というひとつの動詞で一括されている。同様に中華料理で用いる中国語でも、「烤」(カオ)、「煎」(チエン)、「扒」(パー)、「炒」(チャオ)など複数調理法も和語では「焼く」と総称されている。料理のテキストなどで、肉の外側に焼き目を付けて肉汁の流出を抑える「リソレ( 仏:rissoler 焼きつけ)」というテクニックを教えられている事がある。これは1850年頃にドイツの化学者であるユストゥス・フォン・リービッヒによって提唱された説だが、この説は誤りであることが証明されている。しかし、著名なシェフであるオーギュスト・エスコフィエなどが支持してしまった為か、今日に至るまでこの説を信じている人は多い。現在においては、特殊な道具や調理器具を用いて加熱する場合にも用法が広がっており、日本でも「焼く」の定義は細分化されている。それぞれの定義については下記を参照のこと。
rdfs:label
  • 焼く (調理)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of