Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 無線通信(むせんつうしん、wireless communication)は、(伝送路として)線を使わない電気通信のことである。しばしば短縮して「無線」と呼ばれる。線を使わない無線通信に対して、線を使う通信のほうは有線通信と呼ぶ。「無線通信」と言えば電波による通信を意味する。電波法施行規則では「無線通信」は「電波を使用して行うすべての種類の記号、信号、文言、影像、音響又は情報の送信、発射又は受信をいう」とされており(電波法施行規則2条1項15号)。この影響も受けつつ、この語はこうした用いられ方をしているのである。この意味では「無線通信」には、例えば次のようなものが入ることになる。 ラジオ放送 アマチュア無線、各種業務無線(船舶無線、航空無線、車両無線 等) テレビ放送 無線電話による通信。現代の携帯電話による通信。 無線LAN、Wi-Fi、Bluetoothによる通信ただし、無線通信に光によるものも含むことがある(ただし、特に光によるものについては「光無線通信」と呼び分けられることも多い)。また、稀にだが、広義に音波によるものも「無線通信」に含めることもある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 4538 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3649 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58447690 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 無線通信(むせんつうしん、wireless communication)は、(伝送路として)線を使わない電気通信のことである。しばしば短縮して「無線」と呼ばれる。線を使わない無線通信に対して、線を使う通信のほうは有線通信と呼ぶ。「無線通信」と言えば電波による通信を意味する。電波法施行規則では「無線通信」は「電波を使用して行うすべての種類の記号、信号、文言、影像、音響又は情報の送信、発射又は受信をいう」とされており(電波法施行規則2条1項15号)。この影響も受けつつ、この語はこうした用いられ方をしているのである。この意味では「無線通信」には、例えば次のようなものが入ることになる。 ラジオ放送 アマチュア無線、各種業務無線(船舶無線、航空無線、車両無線 等) テレビ放送 無線電話による通信。現代の携帯電話による通信。 無線LAN、Wi-Fi、Bluetoothによる通信ただし、無線通信に光によるものも含むことがある(ただし、特に光によるものについては「光無線通信」と呼び分けられることも多い)。また、稀にだが、広義に音波によるものも「無線通信」に含めることもある。
rdfs:label
  • 無線通信
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of