Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 無政府共産主義(英:anarchist communism、anarcho-communism、free communism)は、アナキズムの潮流の一つで、国家、私有財産、資本主義を廃止して、生産手段を社会化して、直接民主制をとり、ボランティア組合と労働者評議会の水平なネットワークを社会の基礎として、「能力に応じて働き、必要に応じて受け取る」基準を満たすような生産と消費を行う社会を目指す。無政府共産主義の暴動無政府主義(en:Insurrectionary anarchism)などの潮流は、エゴイスト無政府主義(エゴイズム的な無政府主義)であり、無政府共産主義を個人の自由の実現のための最良の社会システムだとする急進的個人主義的無政府主義に強い影響を受けている。多くの無政府共産主義者は無政府共産主義によって、個人と社会の相反する両者の溝が埋まると捉えている。無政府共産主義は、フランス革命後の急進的な社会主義者の傾向から生み出されたが、第一インターナショナルのイタリア支部で初めて思想として確立された。ピョートル・クロポトキンの論理的考察は、後に労働組合肯定派と暴動無政府主義者の分裂時に重要な意味を持った。これまでの歴史上、最も知られている「無政府共産主義社会」、現在無政府共産主義と呼ばれる思想に基づいていて、世界中の注目を集め、無政府共産主義の歴史的な解釈をつくった社会の例は、スペイン内戦勃発で起きたスペイン革命中のアナキストが実権を握った地域と、ロシア革命中、ネストル・マフノが指導したマフノ運動のウクライナ革命反乱軍の影響下にあった自由地区である。スペイン革命中のスペインのアナキストの指導と尽力で1936年から、アラゴンと、アンダルシアとレバンテの一部を支配し、アナキスト・カタルーニャ(en:Anarchist Catalonia)を守ってきたが、フランコ政権、ナチス・ドイツ、イタリア王国、ソ連から支援されたスペイン共産党による抑圧といった複合的脅威と、資本主義諸国やスペイン共和国政府からの経済・軍事的な制裁措置によって容赦なく滅ぼされた。ロシア革命中には、ネストル・マフノをはじめとするアナキストは、1919年から1921年に赤軍よって滅ぼされるまで、ウクライナ革命反乱軍を使って、フリー・テリトリーをつくり、守ろうとした。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 44820 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 61512 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 274 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58283745 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 無政府共産主義(英:anarchist communism、anarcho-communism、free communism)は、アナキズムの潮流の一つで、国家、私有財産、資本主義を廃止して、生産手段を社会化して、直接民主制をとり、ボランティア組合と労働者評議会の水平なネットワークを社会の基礎として、「能力に応じて働き、必要に応じて受け取る」基準を満たすような生産と消費を行う社会を目指す。無政府共産主義の暴動無政府主義(en:Insurrectionary anarchism)などの潮流は、エゴイスト無政府主義(エゴイズム的な無政府主義)であり、無政府共産主義を個人の自由の実現のための最良の社会システムだとする急進的個人主義的無政府主義に強い影響を受けている。多くの無政府共産主義者は無政府共産主義によって、個人と社会の相反する両者の溝が埋まると捉えている。無政府共産主義は、フランス革命後の急進的な社会主義者の傾向から生み出されたが、第一インターナショナルのイタリア支部で初めて思想として確立された。ピョートル・クロポトキンの論理的考察は、後に労働組合肯定派と暴動無政府主義者の分裂時に重要な意味を持った。これまでの歴史上、最も知られている「無政府共産主義社会」、現在無政府共産主義と呼ばれる思想に基づいていて、世界中の注目を集め、無政府共産主義の歴史的な解釈をつくった社会の例は、スペイン内戦勃発で起きたスペイン革命中のアナキストが実権を握った地域と、ロシア革命中、ネストル・マフノが指導したマフノ運動のウクライナ革命反乱軍の影響下にあった自由地区である。スペイン革命中のスペインのアナキストの指導と尽力で1936年から、アラゴンと、アンダルシアとレバンテの一部を支配し、アナキスト・カタルーニャ(en:Anarchist Catalonia)を守ってきたが、フランコ政権、ナチス・ドイツ、イタリア王国、ソ連から支援されたスペイン共産党による抑圧といった複合的脅威と、資本主義諸国やスペイン共和国政府からの経済・軍事的な制裁措置によって容赦なく滅ぼされた。ロシア革命中には、ネストル・マフノをはじめとするアナキストは、1919年から1921年に赤軍よって滅ぼされるまで、ウクライナ革命反乱軍を使って、フリー・テリトリーをつくり、守ろうとした。
rdfs:label
  • 無政府共産主義
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ideology of
is foaf:primaryTopic of