Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 焚き火(たきび)とは、広義では、火を焚くこと、火を燃やすこと、および、その火を指す。狭義では、木の枝や落ち葉、薪などを地面その他の一箇所に集めて燃やすこと、および、その火を指す。伝統的には焚火(たきび、ふんか)と読み書きし、そのほか、たき火とも記す。落ち葉を使った焚き火は落ち葉焚き(おちばたき。季語としては落葉焚)と言う。基本的に直接に地面で行われるが、キャンプなどでは専用の焚火台(たきびだい、ふんかだい。焚き火台)が用いられることもある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 971732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11933 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 217 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59187941 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right
prop-ja:caption
  • の準備風景。樅の木に結わえつけられた魔女の人形が中央に見える。撮影地はドイツ南西部の。
  • 日本の仏教寺院・金峯山寺で行われる護摩/撮影地は奈良・吉野山(奈良県吉野郡吉野町)。
  • 焚き火の火はそれ自体が信仰の対象ともなった。ヨーロッパを中心とした地域では夏至の太陽などと関連付けられて信仰を集めてきた聖なる炎である。画像はドイツ中央部のゲッティンゲンで行われる。
  • 焚き火は野外や屋内で暖を取るために用いられることが多く、そのような空間はおのずと人が集う場になりやすい。また、危険な野生動物と適切な距離を保つ効果も期待でき、古より人類はこの利点を大いに活用してきた。加えて、炎の熱で肉や植物を加工することは消化を助け、寄生虫や病原体をも遠ざけた。
  • キリスト教正教会の夏至祭「」で行われる焚き火越えを描いた油彩画/ "Night on the Eve of Ivan Kupala"。1892年の作。
  • 焚き火の煙は狼煙の発明に繋がった。
  • 木の枝を使った焚き火
prop-ja:date
  • --09-05
prop-ja:direction
  • vertical
prop-ja:header
  • 焚き火
  • 焚き火と信仰
prop-ja:headerAlign
  • center
prop-ja:headerBackground
  • #ff6600
prop-ja:image
  • 総本山金峯山寺修験本宗「普来山正覚院」Img396.jpg
  • Campfire 4213.jpg
  • Easter Fire.JPG
  • Funken vorbereitet Herdwangen2003.JPG
  • Ivankupala.jpg
  • Ognisko ubt 0126.jpeg
  • 焚き火花園村PA060832.jpg
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • 230 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 焚き火(たきび)とは、広義では、火を焚くこと、火を燃やすこと、および、その火を指す。狭義では、木の枝や落ち葉、薪などを地面その他の一箇所に集めて燃やすこと、および、その火を指す。伝統的には焚火(たきび、ふんか)と読み書きし、そのほか、たき火とも記す。落ち葉を使った焚き火は落ち葉焚き(おちばたき。季語としては落葉焚)と言う。基本的に直接に地面で行われるが、キャンプなどでは専用の焚火台(たきびだい、ふんかだい。焚き火台)が用いられることもある。
rdfs:label
  • 焚き火
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of