Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 烏丸光榮(からすまる みつひで、元禄2年8月3日(1689年9月16日) - 延享5年3月14日(1748年4月11日))は江戸時代の公卿、歌人。烏丸宣定の子。正室は松平綱昌の娘。子に烏丸尹光、日野資総、勘解由小路資望、裏松光世、日野資枝、娘(烏丸光胤室)、娘(松平定賢室)らがいる。累進して、正二位内大臣に至る。なお、烏丸家で内大臣にまで至ったのは、この光榮だけである。号は、不昧真院。法名は、海院浄春。和歌を霊元天皇をはじめ中院通躬や武者小路実陰に師事した。また和歌の門下には有栖川宮職仁親王や桜町天皇がいる。また、三上藩主である遠藤胤忠にも古今伝授を授けた。優れた歌人であり、「栄葉和歌集」や「詠歌覚悟」などの著書がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1005109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 667 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49465812 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 烏丸光榮(からすまる みつひで、元禄2年8月3日(1689年9月16日) - 延享5年3月14日(1748年4月11日))は江戸時代の公卿、歌人。烏丸宣定の子。正室は松平綱昌の娘。子に烏丸尹光、日野資総、勘解由小路資望、裏松光世、日野資枝、娘(烏丸光胤室)、娘(松平定賢室)らがいる。累進して、正二位内大臣に至る。なお、烏丸家で内大臣にまで至ったのは、この光榮だけである。号は、不昧真院。法名は、海院浄春。和歌を霊元天皇をはじめ中院通躬や武者小路実陰に師事した。また和歌の門下には有栖川宮職仁親王や桜町天皇がいる。また、三上藩主である遠藤胤忠にも古今伝授を授けた。優れた歌人であり、「栄葉和歌集」や「詠歌覚悟」などの著書がある。
rdfs:label
  • 烏丸光栄
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of