Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 為る(する)とは、ある主体が主体的な活動や在り方として、一つの状況を成り立たせる行為や作用を行う事。抽象的な様態から具体的作用および行為まで、幅広く用いられる。唯一の単体のサ変動詞。これは日常的によく使われる語だからであって、この種の語は歴史的に文法や音韻規則が変化していっても、それに従って形態を変えることが嫌われ、長く古形を残すことが多いからである。なお、名詞および副詞などに付いて多くの複合動詞がつくられ、これをサ行変格複合動詞(サ変複合動詞、サ変動詞と略する)という。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1061728 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4533 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53814303 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 為る(する)とは、ある主体が主体的な活動や在り方として、一つの状況を成り立たせる行為や作用を行う事。抽象的な様態から具体的作用および行為まで、幅広く用いられる。唯一の単体のサ変動詞。これは日常的によく使われる語だからであって、この種の語は歴史的に文法や音韻規則が変化していっても、それに従って形態を変えることが嫌われ、長く古形を残すことが多いからである。なお、名詞および副詞などに付いて多くの複合動詞がつくられ、これをサ行変格複合動詞(サ変複合動詞、サ変動詞と略する)という。
rdfs:label
  • 為る
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of