Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 点線国道(てんせんこくどう)とは、国道の車両通行不能区間における国道指定された連絡路(海上国道を除く)のことである。地形図をはじめ、地図上で点線で表される場合が多いためそのように呼ばれる。道路幅員は1.5m未満であり、通行困難な国道の最たるものである。大部分は峠周辺に存在するため、利用者はその区間は徒歩での通行(登山)を余儀なくされる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 386776 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9461 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 453 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58169440 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
prop-ja:出典の明記
  • --12-11
prop-ja:参照方法
  • --12-11
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 点線国道(てんせんこくどう)とは、国道の車両通行不能区間における国道指定された連絡路(海上国道を除く)のことである。地形図をはじめ、地図上で点線で表される場合が多いためそのように呼ばれる。道路幅員は1.5m未満であり、通行困難な国道の最たるものである。大部分は峠周辺に存在するため、利用者はその区間は徒歩での通行(登山)を余儀なくされる。
rdfs:label
  • 点線国道
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of