Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 炊き込みご飯(たきこみごはん)は、米料理の1つ。五目ご飯、五目飯ともいう。関西では加薬ご飯、かやくめしとも言う。ご飯を炊く際に具を米と一緒に炊き込んでつくる飯である。通常は炊飯時に昆布、出汁、醤油等で調味する。収穫の秋に季節の食材を使って作ることが多い。米と一緒に炊き込むことで、材料の味をすべてご飯に吸収させることが出来るという利点がある。一度にご飯とおかずが食べられ、冷めても美味なため駅弁に使われることも多い。電気炊飯器でも作れるが、白ご飯に比べて傷みやすいので、保存する場合は別容器に移す必要がある。今日では電気炊飯器用に作られた炊き込みご飯の素が市販されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 728492 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1248 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58683158 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 炊き込みご飯(たきこみごはん)は、米料理の1つ。五目ご飯、五目飯ともいう。関西では加薬ご飯、かやくめしとも言う。ご飯を炊く際に具を米と一緒に炊き込んでつくる飯である。通常は炊飯時に昆布、出汁、醤油等で調味する。収穫の秋に季節の食材を使って作ることが多い。米と一緒に炊き込むことで、材料の味をすべてご飯に吸収させることが出来るという利点がある。一度にご飯とおかずが食べられ、冷めても美味なため駅弁に使われることも多い。電気炊飯器でも作れるが、白ご飯に比べて傷みやすいので、保存する場合は別容器に移す必要がある。今日では電気炊飯器用に作られた炊き込みご飯の素が市販されている。
rdfs:label
  • 炊き込みご飯
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of