Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 灯油(とうゆ。古くは燈油とも書かれる)とは、石油の分留成分の一つであるケロシンから作られる石油製品。言い換えると、ケロシンを暖房やランプなどの日用品に利用するために調整した製品が灯油である。広義には灯油の成分はほぼケロシンであるため、「ケロシン」の言い換えで「灯油」と呼ぶことがあるが、ここでは石油製品としての灯油について述べる。灯油とは、元来はランプなど照明器具のための油のことであり、この意味では「灯油(ともしびあぶら)」と読む。現代日本の日常生活では単に「石油」と呼び表す場合は「灯油」を意味する場合が多い。また、その品質は日本工業規格で規定されている(後述)。灯油の引火点は37–65℃の間であり、その自然発火温度は220℃である。燃焼熱量は軽油のそれに似ていて、低位発熱量は18500Cal/ポンド前後、43.1 MJ/kgで高位発熱量は46.2 MJ/kgである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 55583 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7377 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 135 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59240429 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 灯油(とうゆ。古くは燈油とも書かれる)とは、石油の分留成分の一つであるケロシンから作られる石油製品。言い換えると、ケロシンを暖房やランプなどの日用品に利用するために調整した製品が灯油である。広義には灯油の成分はほぼケロシンであるため、「ケロシン」の言い換えで「灯油」と呼ぶことがあるが、ここでは石油製品としての灯油について述べる。灯油とは、元来はランプなど照明器具のための油のことであり、この意味では「灯油(ともしびあぶら)」と読む。現代日本の日常生活では単に「石油」と呼び表す場合は「灯油」を意味する場合が多い。また、その品質は日本工業規格で規定されている(後述)。灯油の引火点は37–65℃の間であり、その自然発火温度は220℃である。燃焼熱量は軽油のそれに似ていて、低位発熱量は18500Cal/ポンド前後、43.1 MJ/kgで高位発熱量は46.2 MJ/kgである。
rdfs:label
  • 灯油
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:燃料 of
is foaf:primaryTopic of