Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 火星の地形一覧では、太陽系の惑星火星上にあり、名前が与えられている地形の一覧を示す。地名のうちのいくつかは、ジョヴァンニ・スキアパレッリやウジェーヌ・アントニアディが作成した火星地図に載っているアルベド地形(周囲と比べて際立って明るかったり暗かったりする地域)の名称に由来している。スキアパレッリはこれらの地形を海や陸に見立て、ラテン語やギリシャ語による古典古代の神話や地名を引用して名付けている。火星探査機による精密な観測により地形の詳細が分かるようになると、古い火星地図の中のアルベド地形の分類は過去のものとなったが、アルベド地形の古典的な名称は現代の火星地形の名称にも一部採用されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2959862 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 23929 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 292 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56950725 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 火星の地形一覧では、太陽系の惑星火星上にあり、名前が与えられている地形の一覧を示す。地名のうちのいくつかは、ジョヴァンニ・スキアパレッリやウジェーヌ・アントニアディが作成した火星地図に載っているアルベド地形(周囲と比べて際立って明るかったり暗かったりする地域)の名称に由来している。スキアパレッリはこれらの地形を海や陸に見立て、ラテン語やギリシャ語による古典古代の神話や地名を引用して名付けている。火星探査機による精密な観測により地形の詳細が分かるようになると、古い火星地図の中のアルベド地形の分類は過去のものとなったが、アルベド地形の古典的な名称は現代の火星地形の名称にも一部採用されている。
rdfs:label
  • 火星の地形一覧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of