Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 灌漑(かんがい)とは農地に外部から人工的に水を供給すること。農作物の増産、ランドスケープの維持、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用される。他にも農業生産において、作物を霜害から守る、穀物の畑で雑草を抑制する、土壌の圧密を防ぐといった用途もある。対照的に直接的な降雨のみで行う農業を乾燥農業と呼ぶ。灌漑システムは、塵の飛散防止、下水処理、鉱業などにも使われる。灌漑と排水は組み合わせて研究されることが多い。なお、灌漑は二文字とも常用漢字の表外字のため、報道では新聞常用漢字表により「かんがい」と平仮名表記されるのが一般的である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 312089 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 25086 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 438 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59193120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 灌漑(かんがい)とは農地に外部から人工的に水を供給すること。農作物の増産、ランドスケープの維持、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用される。他にも農業生産において、作物を霜害から守る、穀物の畑で雑草を抑制する、土壌の圧密を防ぐといった用途もある。対照的に直接的な降雨のみで行う農業を乾燥農業と呼ぶ。灌漑システムは、塵の飛散防止、下水処理、鉱業などにも使われる。灌漑と排水は組み合わせて研究されることが多い。なお、灌漑は二文字とも常用漢字の表外字のため、報道では新聞常用漢字表により「かんがい」と平仮名表記されるのが一般的である。
rdfs:label
  • 灌漑
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:利用目的 of
is prop-ja:成因 of
is foaf:primaryTopic of