Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 濱田 陽(はまだ よう、1968年11月 - )は、日本の宗教学者、帝京大学文学部日本文化学科准教授。徳島県出身。専門は比較宗教、日本文化、文明論。自然とともにある日本と世界の複数宗教伝統を重視し、近代文明とその思考がはらむ困難を乗り越えようとする立場から日本文化論、東アジア文化象徴、宗教文化論、宗教多元論、文明論など幅広い領域を研究している。複数宗教経験(inter-religious experience 無宗教+α、宗教+αの豊かな人間経験)に積極的な意味を与え、その諸相を明らかにする研究を提唱してきた。宗教多元状況において、シンクレティズム(混交)にとどまらない複数宗教経験は、近代西洋を範に展開されてきた宗教経験(religious experience)論、宗教間対話(inter-religious dialogue)論、宗教(religion)概念論を総合的・批判的に検討し、それらによってとらえがたい人間経験を浮き彫りにする。これにより、新たな人間の可能性を日本仏教の宗教的カリスマ、賀川豊彦、ガンディー、マザー・テレサなどに求めている。学術諸分野において展開されるコモンズ論を、より動的総合的で、文明論に適用可能にする共有性(Commonship)、共有文明(Commonship Civilization)を論じ、共有宗教文化の重要性を指摘。また、グローバルとナショナルの狭間でゆれる世界遺産・国宝・重要文化財の枠組を柔軟化、活性化する視座として東アジア共有文化遺産を提起している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2070263 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2904 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58047149 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 濱田 陽(はまだ よう、1968年11月 - )は、日本の宗教学者、帝京大学文学部日本文化学科准教授。徳島県出身。専門は比較宗教、日本文化、文明論。自然とともにある日本と世界の複数宗教伝統を重視し、近代文明とその思考がはらむ困難を乗り越えようとする立場から日本文化論、東アジア文化象徴、宗教文化論、宗教多元論、文明論など幅広い領域を研究している。複数宗教経験(inter-religious experience 無宗教+α、宗教+αの豊かな人間経験)に積極的な意味を与え、その諸相を明らかにする研究を提唱してきた。宗教多元状況において、シンクレティズム(混交)にとどまらない複数宗教経験は、近代西洋を範に展開されてきた宗教経験(religious experience)論、宗教間対話(inter-religious dialogue)論、宗教(religion)概念論を総合的・批判的に検討し、それらによってとらえがたい人間経験を浮き彫りにする。これにより、新たな人間の可能性を日本仏教の宗教的カリスマ、賀川豊彦、ガンディー、マザー・テレサなどに求めている。学術諸分野において展開されるコモンズ論を、より動的総合的で、文明論に適用可能にする共有性(Commonship)、共有文明(Commonship Civilization)を論じ、共有宗教文化の重要性を指摘。また、グローバルとナショナルの狭間でゆれる世界遺産・国宝・重要文化財の枠組を柔軟化、活性化する視座として東アジア共有文化遺産を提起している。
rdfs:label
  • 濱田陽
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of