Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 澤井 信一郎(さわい しんいちろう、1938年8月16日 - )は、日本の映画監督。静岡県浜松市出身。1961年、東京外国語大学ドイツ科卒業。同年東映入社。入社後は、マキノ雅弘に師事。鈴木則文らにつき助監督の経験を20年余り積む。その間、58本の作品についたことで有名。脚本・助監督を多く務めた「トラック野郎シリーズ」は、東映の看板シリーズとして5年間君臨した。1981年、「野菊の墓」で監督デビュー。1984年、自身にとって初の特撮作品となる『宇宙刑事シャイダー』を監督。『Wの悲劇』の撮影とスケジュールが重なったため都合4本しか監督していないが、挿入歌「不思議ソング」のコンセプトを提案するなど、作品の世界観の確立に貢献している。1985年、47歳の時、監督3作目『早春物語』で日本映画監督協会新人賞を受賞。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 404175 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3185 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 147 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58739539 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 澤井 信一郎(さわい しんいちろう、1938年8月16日 - )は、日本の映画監督。静岡県浜松市出身。1961年、東京外国語大学ドイツ科卒業。同年東映入社。入社後は、マキノ雅弘に師事。鈴木則文らにつき助監督の経験を20年余り積む。その間、58本の作品についたことで有名。脚本・助監督を多く務めた「トラック野郎シリーズ」は、東映の看板シリーズとして5年間君臨した。1981年、「野菊の墓」で監督デビュー。1984年、自身にとって初の特撮作品となる『宇宙刑事シャイダー』を監督。『Wの悲劇』の撮影とスケジュールが重なったため都合4本しか監督していないが、挿入歌「不思議ソング」のコンセプトを提案するなど、作品の世界観の確立に貢献している。1985年、47歳の時、監督3作目『早春物語』で日本映画監督協会新人賞を受賞。
rdfs:label
  • 澤井信一郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:director of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is dbpedia-owl:writer of
is prop-ja:監督 of
is prop-ja:脚本 of
is foaf:primaryTopic of