Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 漫画集団(まんがしゅうだん)は、日本の漫画家の団体。1932年6月に杉浦幸雄邸で、横山隆一や近藤日出造ら20人で新漫画派集団として結成された。第二次世界大戦後の1945年10月に総会で漫画集団と名を改めて再発足した。1982年時点の会員数は99人。発足当初は明治と大正の先輩漫画家に対抗した若い漫画家が大同団結し、事務所を構えてマネージャーを雇って仕事を請け負っていた。アメリカのナンセンス漫画の影響を受けたいわゆる大人漫画を描く漫画家が中心の団体だった。親睦旅行や、忘年会などで漫画家同士の親睦を深めた他、サイン会や展覧会などの催しも主催していた。1954年12月に文藝春秋から創刊された漫画雑誌『漫画讀本』に全面協力。1959年に創刊された『漫画サンデー』も当初は漫画集団のメンバーが執筆の中心を担っていた。前述の漫画家に加えて加藤芳郎や小島功、鈴木義司など新聞や一流雑誌で執筆する漫画集団を中心とする大人漫画の流れは、1960年代にストーリー漫画中心の少年漫画や劇画が漫画の中心になるまでは、漫画の本流とされていた。その他に、1972年に近藤日出造によって創業され、横山隆一や杉浦幸雄、富永一朗といった漫画集団が取締役の代理店の漫画社を通して、政府関係の広報の漫画カットや原子力発電所の広報関係の仕事も年間150万円の看板料で請け負っていた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2538753 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3340 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58951298 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 漫画集団(まんがしゅうだん)は、日本の漫画家の団体。1932年6月に杉浦幸雄邸で、横山隆一や近藤日出造ら20人で新漫画派集団として結成された。第二次世界大戦後の1945年10月に総会で漫画集団と名を改めて再発足した。1982年時点の会員数は99人。発足当初は明治と大正の先輩漫画家に対抗した若い漫画家が大同団結し、事務所を構えてマネージャーを雇って仕事を請け負っていた。アメリカのナンセンス漫画の影響を受けたいわゆる大人漫画を描く漫画家が中心の団体だった。親睦旅行や、忘年会などで漫画家同士の親睦を深めた他、サイン会や展覧会などの催しも主催していた。1954年12月に文藝春秋から創刊された漫画雑誌『漫画讀本』に全面協力。1959年に創刊された『漫画サンデー』も当初は漫画集団のメンバーが執筆の中心を担っていた。前述の漫画家に加えて加藤芳郎や小島功、鈴木義司など新聞や一流雑誌で執筆する漫画集団を中心とする大人漫画の流れは、1960年代にストーリー漫画中心の少年漫画や劇画が漫画の中心になるまでは、漫画の本流とされていた。その他に、1972年に近藤日出造によって創業され、横山隆一や杉浦幸雄、富永一朗といった漫画集団が取締役の代理店の漫画社を通して、政府関係の広報の漫画カットや原子力発電所の広報関係の仕事も年間150万円の看板料で請け負っていた。
rdfs:label
  • 漫画集団
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of