Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 漢復(かんふく)は、新末後漢初の西暦23年、隗囂が自立して使用した私年号。李崇智は33年春の隗囂死去後、34年10月にその子隗純が後漢に降伏するまで使用されたとするが、柏楊の年表には23年から24年までしか記入されていない。居延漢簡では復漢と表記されている。清代の学者である萬斯同が著した『歴代紀元彙考』では朔寧とされているが、李崇智は『後漢書』隗囂伝の「(建武六年、囂)遂遣使稱臣於公孫述。明年以囂為朔寧王」という記述を根拠に、萬斯同が付会したのだろうと考証している。柏楊はこの年(30年)から33年までを「朔寧王隗囂元年」から「4年」まで、34年を「朔寧王隗純元年」とする在位紀年を立てている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 957279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1780 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47473142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 漢復(かんふく)は、新末後漢初の西暦23年、隗囂が自立して使用した私年号。李崇智は33年春の隗囂死去後、34年10月にその子隗純が後漢に降伏するまで使用されたとするが、柏楊の年表には23年から24年までしか記入されていない。居延漢簡では復漢と表記されている。清代の学者である萬斯同が著した『歴代紀元彙考』では朔寧とされているが、李崇智は『後漢書』隗囂伝の「(建武六年、囂)遂遣使稱臣於公孫述。明年以囂為朔寧王」という記述を根拠に、萬斯同が付会したのだろうと考証している。柏楊はこの年(30年)から33年までを「朔寧王隗囂元年」から「4年」まで、34年を「朔寧王隗純元年」とする在位紀年を立てている。
rdfs:label
  • 漢復
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of