Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 演算子(えんざんし、英: operator symbol, operator name)は、各種の演算をあらわす記号・符牒のことである。構文論的には演算と演算子は区別されるべきものだが、誤解の恐れのない場合には、しばしば演算子とそれが表す演算自体とを(意図的に)混同して使用する例が見受けられる。量子力学などの物理学における演算子は、数学的には関数解析学などの分野において扱われ、通例作用素と呼ばれる概念である。また、演算が作用する対象のことを被演算子(operand; オペランド、被演算数、引数)という。たとえば、n と 3 との和を表す式 "n + 3" において、"+" は演算子であり、その被演算子は "n" と "3" である。数学的には、演算は写像の一種であるので、各写像の性質によって演算子を幾つかのクラスに分けることができる(「演算」という用語の意味は、一般には「入力と同種のものを出力する」というニュアンスをもつことが多いものの、明確な基準があるわけではなく、写像という用語との区分は曖昧である)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 34108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5555 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 85 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53616545 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 演算子(えんざんし、英: operator symbol, operator name)は、各種の演算をあらわす記号・符牒のことである。構文論的には演算と演算子は区別されるべきものだが、誤解の恐れのない場合には、しばしば演算子とそれが表す演算自体とを(意図的に)混同して使用する例が見受けられる。量子力学などの物理学における演算子は、数学的には関数解析学などの分野において扱われ、通例作用素と呼ばれる概念である。また、演算が作用する対象のことを被演算子(operand; オペランド、被演算数、引数)という。たとえば、n と 3 との和を表す式 "n + 3" において、"+" は演算子であり、その被演算子は "n" と "3" である。数学的には、演算は写像の一種であるので、各写像の性質によって演算子を幾つかのクラスに分けることができる(「演算」という用語の意味は、一般には「入力と同種のものを出力する」というニュアンスをもつことが多いものの、明確な基準があるわけではなく、写像という用語との区分は曖昧である)。
rdfs:label
  • 演算子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of