Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 漆部 友背(ぬりべ の ともせ、生没年不詳)は、日本の飛鳥時代の人物である。旧仮名遣いでの読みは同じ。姓(カバネ)はなし。672年の壬申の乱で大海人皇子に(天武天皇)側につき、都を脱出した大津皇子に同行した。漆部は職業部の一つで漆器製作を職掌とする品部であり、漆部連・漆部造が伴造として支配した。漆部友背は無姓であることからその部民の出と思われる。壬申の乱の勃発時、友背は近江宮がある大津にいたらしい。大海人皇子が挙兵を決めたとき、その子高市皇子と大津皇子は敵の本拠である大津を脱し、二手に分かれて父のあとを追った。このうち大津皇子の一行は25日深夜に伊勢国の鈴鹿関に到達し、翌朝朝明郡の迹太川の辺で合流を果たした。友背はこの一行の中にいた。ともに朝明郡にたどりついたのは、大分恵尺、難波三綱、駒田忍人、山辺安摩呂、小墾田猪手、埿部眡枳、大分稚臣、根金身であった。この後の内戦で塗部友背が果たした活動については記録がない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 431072 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 683 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55445436 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 漆部 友背(ぬりべ の ともせ、生没年不詳)は、日本の飛鳥時代の人物である。旧仮名遣いでの読みは同じ。姓(カバネ)はなし。672年の壬申の乱で大海人皇子に(天武天皇)側につき、都を脱出した大津皇子に同行した。漆部は職業部の一つで漆器製作を職掌とする品部であり、漆部連・漆部造が伴造として支配した。漆部友背は無姓であることからその部民の出と思われる。壬申の乱の勃発時、友背は近江宮がある大津にいたらしい。大海人皇子が挙兵を決めたとき、その子高市皇子と大津皇子は敵の本拠である大津を脱し、二手に分かれて父のあとを追った。このうち大津皇子の一行は25日深夜に伊勢国の鈴鹿関に到達し、翌朝朝明郡の迹太川の辺で合流を果たした。友背はこの一行の中にいた。ともに朝明郡にたどりついたのは、大分恵尺、難波三綱、駒田忍人、山辺安摩呂、小墾田猪手、埿部眡枳、大分稚臣、根金身であった。この後の内戦で塗部友背が果たした活動については記録がない。
rdfs:label
  • 漆部友背
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of