Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 滝野川ゴボウ(たきのがわゴボウ)は、ゴボウの一品種である。江戸時代の元禄年間(1688年 - 1704年)に武蔵国豊島郡滝野川村(現在の東京都北区滝野川付近)で栽培と品種改良が行われ、その名の由来となった。味と品質の良さで人気があり、日本国内の各地に広まってさまざまな品種が生み出された。この品種は東京特産の伝統野菜として、江戸東京野菜に認定されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3218874 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17068 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 75 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56364503 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 滝野川ゴボウ(たきのがわゴボウ)は、ゴボウの一品種である。江戸時代の元禄年間(1688年 - 1704年)に武蔵国豊島郡滝野川村(現在の東京都北区滝野川付近)で栽培と品種改良が行われ、その名の由来となった。味と品質の良さで人気があり、日本国内の各地に広まってさまざまな品種が生み出された。この品種は東京特産の伝統野菜として、江戸東京野菜に認定されている。
rdfs:label
  • 滝野川ゴボウ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:和名 of
is foaf:primaryTopic of