Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 準中距離弾道ミサイル(じゅんちゅうきょりだんどうミサイル、英: medium-range ballistic missile、MRBM)は、弾道ミサイルのうち射程1,000-3,000km程度のもの。中距離弾道ミサイルとの差異は、射程がやや短いのみであるが、厳密な区分はない。冷戦期においては、発射地・着弾地ともヨーロッパ域内での使用が考えられていた。そのため、中距離核戦力全廃条約の対象となっている。この規模のミサイルは、パーシング I/IIミサイルなど1960年代には地上移動発射方式が開発されてきている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 20675 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 872 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58319554 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 準中距離弾道ミサイル(じゅんちゅうきょりだんどうミサイル、英: medium-range ballistic missile、MRBM)は、弾道ミサイルのうち射程1,000-3,000km程度のもの。中距離弾道ミサイルとの差異は、射程がやや短いのみであるが、厳密な区分はない。冷戦期においては、発射地・着弾地ともヨーロッパ域内での使用が考えられていた。そのため、中距離核戦力全廃条約の対象となっている。この規模のミサイルは、パーシング I/IIミサイルなど1960年代には地上移動発射方式が開発されてきている。
rdfs:label
  • 準中距離弾道ミサイル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:type of
is prop-ja:分類 of
is foaf:primaryTopic of