源 為朝(みなもと の ためとも、旧字体:爲朝)は、平安時代末期の武将。源為義の八男。母は摂津国江口(現・大阪市東淀川区江口)の遊女。源頼朝、義経兄弟の叔父にあたる。 身長2mを超える巨体のうえ気性が荒く、また剛弓の使い手で、剛勇無双を謳われた。生まれつき乱暴者で父の為義に持てあまされ、九州に追放されたが手下を集めて暴れまわり、一帯を制覇して鎮西八郎を名乗る。保元の乱では父とともに崇徳上皇方に参加し、強弓と特製の太矢で大奮戦するが敗れ、伊豆大島へ流される。しかしそこでも国司に従わず、大暴れして伊豆諸島を事実上支配したので、追討を受け自害した。

Property Value
dbo:abstract
  • 源 為朝(みなもと の ためとも、旧字体:爲朝)は、平安時代末期の武将。源為義の八男。母は摂津国江口(現・大阪市東淀川区江口)の遊女。源頼朝、義経兄弟の叔父にあたる。 身長2mを超える巨体のうえ気性が荒く、また剛弓の使い手で、剛勇無双を謳われた。生まれつき乱暴者で父の為義に持てあまされ、九州に追放されたが手下を集めて暴れまわり、一帯を制覇して鎮西八郎を名乗る。保元の乱では父とともに崇徳上皇方に参加し、強弓と特製の太矢で大奮戦するが敗れ、伊豆大島へ流される。しかしそこでも国司に従わず、大暴れして伊豆諸島を事実上支配したので、追討を受け自害した。 (ja)
  • 源 為朝(みなもと の ためとも、旧字体:爲朝)は、平安時代末期の武将。源為義の八男。母は摂津国江口(現・大阪市東淀川区江口)の遊女。源頼朝、義経兄弟の叔父にあたる。 身長2mを超える巨体のうえ気性が荒く、また剛弓の使い手で、剛勇無双を謳われた。生まれつき乱暴者で父の為義に持てあまされ、九州に追放されたが手下を集めて暴れまわり、一帯を制覇して鎮西八郎を名乗る。保元の乱では父とともに崇徳上皇方に参加し、強弓と特製の太矢で大奮戦するが敗れ、伊豆大島へ流される。しかしそこでも国司に従わず、大暴れして伊豆諸島を事実上支配したので、追討を受け自害した。 (ja)
dbo:alias
  • 鎮西八郎 (ja)
  • 鎮西八郎 (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:spouse
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 115668 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10385 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81091992 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 鎮西八郎 (ja)
  • 鎮西八郎 (ja)
prop-ja:墓所
  • 岡山県井原市門田町ほか (ja)
  • 岡山県井原市門田町ほか (ja)
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:官位
  • 無官(称・鎮西惣追捕使) (ja)
  • 無官(称・鎮西惣追捕使) (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --04-06
prop-ja:氏名
  • 源為朝 (ja)
  • 源為朝 (ja)
prop-ja:氏族
  • 清和源氏為義流(河内源氏) (ja)
  • 清和源氏為義流(河内源氏) (ja)
prop-ja:父母
  • 父:源為義、母:江口の遊女 (ja)
  • 父:源為義、母:江口の遊女 (ja)
prop-ja:生誕
  • 保延5年(1139年) (ja)
  • 保延5年(1139年) (ja)
prop-ja:画像
  • 英勇一百伝 鎮西八郎為朝.jpg (ja)
  • 英勇一百伝 鎮西八郎為朝.jpg (ja)
prop-ja:画像説明
  • 正一位為朝大明神肖像 東京都立図書館 歌川国芳 (ja)
  • 正一位為朝大明神肖像 東京都立図書館 歌川国芳 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 源 為朝(みなもと の ためとも、旧字体:爲朝)は、平安時代末期の武将。源為義の八男。母は摂津国江口(現・大阪市東淀川区江口)の遊女。源頼朝、義経兄弟の叔父にあたる。 身長2mを超える巨体のうえ気性が荒く、また剛弓の使い手で、剛勇無双を謳われた。生まれつき乱暴者で父の為義に持てあまされ、九州に追放されたが手下を集めて暴れまわり、一帯を制覇して鎮西八郎を名乗る。保元の乱では父とともに崇徳上皇方に参加し、強弓と特製の太矢で大奮戦するが敗れ、伊豆大島へ流される。しかしそこでも国司に従わず、大暴れして伊豆諸島を事実上支配したので、追討を受け自害した。 (ja)
  • 源 為朝(みなもと の ためとも、旧字体:爲朝)は、平安時代末期の武将。源為義の八男。母は摂津国江口(現・大阪市東淀川区江口)の遊女。源頼朝、義経兄弟の叔父にあたる。 身長2mを超える巨体のうえ気性が荒く、また剛弓の使い手で、剛勇無双を謳われた。生まれつき乱暴者で父の為義に持てあまされ、九州に追放されたが手下を集めて暴れまわり、一帯を制覇して鎮西八郎を名乗る。保元の乱では父とともに崇徳上皇方に参加し、強弓と特製の太矢で大奮戦するが敗れ、伊豆大島へ流される。しかしそこでも国司に従わず、大暴れして伊豆諸島を事実上支配したので、追討を受け自害した。 (ja)
rdfs:label
  • 源為朝 (ja)
  • 源為朝 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 源為朝 (ja)
  • 源為朝 (ja)
is dbo:enshrinedDeity of
is dbo:parent of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主な祭神 of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is prop-ja:家祖 of
is prop-ja:父親 of
is prop-ja:祭神 of
is foaf:primaryTopic of