Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 源 朝長(みなもと の ともなが)は、平安時代末期の武将。源義朝の次男。母は波多野義通の妹。源頼朝・義経の異母兄。相模国松田郷を領して松田冠者(まつだのかじゃ)と号した。また、松田殿とも呼ばれた。父や兄弟とともに平治の乱で平清盛と戦うが敗れ、父や兄弟とともに東国へ落ちる途中で落ち武者狩りに遭い負傷、傷が悪化して死亡した。
dbpedia-owl:alias
  • 松田冠者、松田殿
dbpedia-owl:deathDate
  • 1929-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:sibling
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 183895 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3930 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 92 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53800289 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 松田冠者、松田殿
prop-ja:墓所
  • 岐阜県大垣市青墓(胴塚)
  • 静岡県袋井市友永(首塚)
prop-ja:官位
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --12-29
prop-ja:氏名
  • 源朝長
prop-ja:氏族
  • 清和源氏為義流(河内源氏)
prop-ja:父母
  • 父:源義朝、母:波多野義通の妹
prop-ja:生誕
  • 康治2年(1143年)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 源 朝長(みなもと の ともなが)は、平安時代末期の武将。源義朝の次男。母は波多野義通の妹。源頼朝・義経の異母兄。相模国松田郷を領して松田冠者(まつだのかじゃ)と号した。また、松田殿とも呼ばれた。父や兄弟とともに平治の乱で平清盛と戦うが敗れ、父や兄弟とともに東国へ落ちる途中で落ち武者狩りに遭い負傷、傷が悪化して死亡した。
rdfs:label
  • 源朝長
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 源朝長
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of