Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 源 政綱(みなもと の まさつな、生没年不詳)は、平安時代末期の武士・官人。丹後守源頼行の四男。後に伯父源頼政の養子となった。兄弟に宗頼、政光、仲時、兼綱、光賢、宜秋門院丹後らがあり、子に長政がある。『尊卑分脈』に記載される官位は従五位下、右馬助、皇嘉門院判官代。諱は正綱とも記される。治承2年(1078年)10月の春日祭に五位の共人の一人として随行しており、この時「散位」で「前相模権守、皇嘉門院殿上人」であった(『玉葉』同年10月29日条)。同4年(1180年)4月の除目で左馬権助に任ぜられる(『吉記』同年4月1日条)。同年5月に源頼政が以仁王を奉じ反平家の兵を挙げたが、政綱と兄の宗頼はこれに加わらなかったとある(『玉葉』同年5月22日条)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2570437 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 845 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55430348 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 源 政綱(みなもと の まさつな、生没年不詳)は、平安時代末期の武士・官人。丹後守源頼行の四男。後に伯父源頼政の養子となった。兄弟に宗頼、政光、仲時、兼綱、光賢、宜秋門院丹後らがあり、子に長政がある。『尊卑分脈』に記載される官位は従五位下、右馬助、皇嘉門院判官代。諱は正綱とも記される。治承2年(1078年)10月の春日祭に五位の共人の一人として随行しており、この時「散位」で「前相模権守、皇嘉門院殿上人」であった(『玉葉』同年10月29日条)。同4年(1180年)4月の除目で左馬権助に任ぜられる(『吉記』同年4月1日条)。同年5月に源頼政が以仁王を奉じ反平家の兵を挙げたが、政綱と兄の宗頼はこれに加わらなかったとある(『玉葉』同年5月22日条)。
rdfs:label
  • 源政綱
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of