Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 源 実国(みなもと の さねくに、寛仁4年(1020年) - 没年不明)は、平安時代後期の武士・官人。美濃守源頼国の四男。母は播磨守藤原信理女。兄弟に頼弘、頼資、頼実、頼綱、国房、師光、六条斎院宣旨らがあり、子に行実、国正、行延がある。室は紀伊守平教盛女。従四位上、蔵人、検非違使、左衛門尉、春宮大進、備前守、土佐守、播磨守、常陸介(『尊卑分脈』)。永承3年(1048年)頃、蔵人であった(『春記』同年3月20日条)。和歌も嗜み、翌4年(1049年)11月に催された『内裏歌合』に出席したりもしている。また累代の本拠地である多田庄を継承せず、摂津国内(現在の兵庫県尼崎市付近)に新たに生島庄を開発したことが知られる。官歴は詳らかでないが、その後は受領となって四位に至り、最終官職が常陸介であったことや承暦4年(1080年)に61歳で出家したことなどが確認されている(『水左記』同年7月28日条)。子孫は代々摂関家に仕える京武者・中下級貴族の家系として存続したほか僧侶も輩出しており、鎌倉時代初期に朝廷と幕府の交渉にあたった国基とその子観基(寛基)や天台座主となった慈賢などが知られる。また本拠地生島庄は嫡子行実から顕行、雅行へと伝わり、その後も実国の子孫が代々相伝している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2536959 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1283 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 71 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55822091 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 源 実国(みなもと の さねくに、寛仁4年(1020年) - 没年不明)は、平安時代後期の武士・官人。美濃守源頼国の四男。母は播磨守藤原信理女。兄弟に頼弘、頼資、頼実、頼綱、国房、師光、六条斎院宣旨らがあり、子に行実、国正、行延がある。室は紀伊守平教盛女。従四位上、蔵人、検非違使、左衛門尉、春宮大進、備前守、土佐守、播磨守、常陸介(『尊卑分脈』)。永承3年(1048年)頃、蔵人であった(『春記』同年3月20日条)。和歌も嗜み、翌4年(1049年)11月に催された『内裏歌合』に出席したりもしている。また累代の本拠地である多田庄を継承せず、摂津国内(現在の兵庫県尼崎市付近)に新たに生島庄を開発したことが知られる。官歴は詳らかでないが、その後は受領となって四位に至り、最終官職が常陸介であったことや承暦4年(1080年)に61歳で出家したことなどが確認されている(『水左記』同年7月28日条)。子孫は代々摂関家に仕える京武者・中下級貴族の家系として存続したほか僧侶も輩出しており、鎌倉時代初期に朝廷と幕府の交渉にあたった国基とその子観基(寛基)や天台座主となった慈賢などが知られる。また本拠地生島庄は嫡子行実から顕行、雅行へと伝わり、その後も実国の子孫が代々相伝している。
rdfs:label
  • 源実国
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of