Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 源 宗明(みなもと の むねあきら)は南北朝時代の公卿。従一位、権大納言。宮大納言と号す。父は久良親王。母は不詳。『玉英記』や『師守記』の内容から判断すると、宗明が元服する頃に実父の久良親王は既に出家していたため二条家が後見となったのではないかと推測できる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3094215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2274 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59229294 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:別名
  • 宮大納言
prop-ja:官位
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • 康暦元年/天授5年(1379年)出家、没年不詳。
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父: 久良親王、母:不詳
prop-ja:生誕
  • 元徳元年(1329年)または元徳2年(1330年)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 源 宗明(みなもと の むねあきら)は南北朝時代の公卿。従一位、権大納言。宮大納言と号す。父は久良親王。母は不詳。『玉英記』や『師守記』の内容から判断すると、宗明が元服する頃に実父の久良親王は既に出家していたため二条家が後見となったのではないかと推測できる。
rdfs:label
  • 源宗明
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of