Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 源 国政(みなもと の くにまさ)は、平安時代末期の武将。源国直の長男。山県国政とも記される。系譜上従兄弟にあたる源頼政の養子となっていたとされ、父より美濃国山県郡の所領を継承する一方、都で斎院次官などを務めて従五位下に昇ったとされる(『尊卑分脈』)。その詳しい動向は不明であるが、以仁王の挙兵で自害した頼政の首は国政の美濃の領地内(現在の岐阜県関市蓮華寺)に葬られたという伝説が存在する。四人の息子たちもそれぞれ美濃国内に所領を有し、美濃源氏山県氏族として勢力を持った。
dbpedia-owl:alias
  • 山県先生、山県三郎、山県国政
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:sibling
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1645844 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 841 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 43610760 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
  • 国政、国基、敦光
prop-ja:別名
  • 山県先生、山県三郎、山県国政
prop-ja:
prop-ja:官位
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • 不詳
prop-ja:氏名
  • 源国政
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:源国直、養父:源頼政
prop-ja:生誕
  • 不詳
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 源 国政(みなもと の くにまさ)は、平安時代末期の武将。源国直の長男。山県国政とも記される。系譜上従兄弟にあたる源頼政の養子となっていたとされ、父より美濃国山県郡の所領を継承する一方、都で斎院次官などを務めて従五位下に昇ったとされる(『尊卑分脈』)。その詳しい動向は不明であるが、以仁王の挙兵で自害した頼政の首は国政の美濃の領地内(現在の岐阜県関市蓮華寺)に葬られたという伝説が存在する。四人の息子たちもそれぞれ美濃国内に所領を有し、美濃源氏山県氏族として勢力を持った。
rdfs:label
  • 源国政
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 源国政
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of