Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 湧別軌道(ゆうべつきどう)は、かつて北海道にあった軽便鉄道(軌道線)を運営していた鉄道会社あるいは同社が運営していた鉄道路線である。保有路線は、湧別町中心部の国有鉄道湧別線下湧別駅(後の湧別駅)からサロマ湖に面する丁寧(ていねい)駅までの6.2kmに、木材や海産物などサロマ湖畔一帯の生産物輸送を目的として敷設された。ガソリン機関車2両、客車1両(監督局届出は1両だが、財産目録では2両)、貨車7両の小所帯であり、混合列車が1日3往復走り、所要時間は20分であった。昭和初期にアメリカ製ガソリン機関車を用いた数少ない軽便鉄道だが、開業当初より営業成績は振わず、わずか9年で解散となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 537246 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4037 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56555177 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:lnge
  • 6.200000 (xsd:double)
prop-ja:spurweite
  • 762 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 湧別軌道(ゆうべつきどう)は、かつて北海道にあった軽便鉄道(軌道線)を運営していた鉄道会社あるいは同社が運営していた鉄道路線である。保有路線は、湧別町中心部の国有鉄道湧別線下湧別駅(後の湧別駅)からサロマ湖に面する丁寧(ていねい)駅までの6.2kmに、木材や海産物などサロマ湖畔一帯の生産物輸送を目的として敷設された。ガソリン機関車2両、客車1両(監督局届出は1両だが、財産目録では2両)、貨車7両の小所帯であり、混合列車が1日3往復走り、所要時間は20分であった。昭和初期にアメリカ製ガソリン機関車を用いた数少ない軽便鉄道だが、開業当初より営業成績は振わず、わずか9年で解散となった。
rdfs:label
  • 湧別軌道
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of