Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 渥美郡(あつみのこおり)は三河国の郡。7世紀後半の評制度化では、飽海評(渥美郡)と呼ばれた。郡名は安曇連(あづみのむらじ)に由来すると伝えられている。伊勢国に近いため伊勢神宮の荘園である御厨・御園が多く存在した。垂仁天皇時代には、国造が三河国渥美郡の神戸を朝廷に寄進している(『太神宮諸雑事記』第一)。また『吾妻鑑』によると、建久10年3月23日(1199年4月19日)乙卯に、参河の国飽海本神戸・新神戸・大津神戸・伊良胡御厨が存在している。中世には一色氏が支配したが、応仁の乱後は田原城や二連木城を築いて渥美郡の支配力を強める戸田氏に対し、16世紀の初頭からは隣郡の宝飯郡から牧野氏が今橋城を築いて戸田氏と争った。度重なる今橋城(吉田城)の争奪戦に西三河の松平氏まで絡んでくるが、東から駿河国・遠江国を治める今川氏が松平氏・戸田氏・牧野氏をまるごと従えるようになったため、今川氏による支配で落ち着いた時期もある。室町戦国時代には、奥郡という呼び方もある。文明6年11月1日の如光弟子帳で,「奥郡野田」と見える(上宮寺文書/岡崎市史6)。その他,戦国期から江戸初期の史料では,大津(老津)・神戸・伊良湖・堀切・弥熊などが奥郡の地名として見え,渥美半島一帯が奥郡と称されていたものと推定される。天文20年5月7日の今川義元判物によると「参河国奥郡神戸郷南方名職之事,右如前前公事年貢等令取沙汰,百姓職永可勤之并船二艘事」が本多正忠に宛行われている(摩訶耶寺文書/静岡県史料5)。江戸期には吉田藩や田原藩や畑村藩などの変遷を経て廃藩置県を迎えた。郡の北端(宝飯郡との境界)を流れる現在の豊川(とよがわ)は過去、時代ごと地域ごとにいくつかの名称があったとされ、古代における最下流域の渡津郷付近では「飽海川(あくみがわ)」と呼ばれていたことが、承和2年(西暦835年)に発令された『太政官符』によって確認できる。渥美郡(あつみぐん)は、愛知県の南東部・渥美半島にあった郡。現在の豊橋市の大半(豊川・朝倉川の南側)と田原市の全域にあたる。人口21,657人、面積82.18 km²。(2004年最終)郡区町村編制法や郡制施行時、渥美郡役所は豊橋市の現在の豊橋公園内の豊橋市美術博物館の前の辺りに有った。また、1942年(昭和17年)7月から1955年(昭和30年)11月まで、渥美地方事務所が田原町に置かれた。2003年(平成15年)8月時点では、田原町・赤羽根町・渥美町の3町があったが、2003年(平成15年)8月20日に田原町が赤羽根町を編入、市制施行して田原市となり、残る渥美町も2005年(平成17年)10月1日に田原市へ編入され、同郡は消滅した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 37331 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 28382 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 210 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58381023 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:title
  • 自治体の変遷
prop-ja:titlestyle
  • background:lightgrey;
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 渥美郡(あつみのこおり)は三河国の郡。7世紀後半の評制度化では、飽海評(渥美郡)と呼ばれた。郡名は安曇連(あづみのむらじ)に由来すると伝えられている。伊勢国に近いため伊勢神宮の荘園である御厨・御園が多く存在した。垂仁天皇時代には、国造が三河国渥美郡の神戸を朝廷に寄進している(『太神宮諸雑事記』第一)。また『吾妻鑑』によると、建久10年3月23日(1199年4月19日)乙卯に、参河の国飽海本神戸・新神戸・大津神戸・伊良胡御厨が存在している。中世には一色氏が支配したが、応仁の乱後は田原城や二連木城を築いて渥美郡の支配力を強める戸田氏に対し、16世紀の初頭からは隣郡の宝飯郡から牧野氏が今橋城を築いて戸田氏と争った。度重なる今橋城(吉田城)の争奪戦に西三河の松平氏まで絡んでくるが、東から駿河国・遠江国を治める今川氏が松平氏・戸田氏・牧野氏をまるごと従えるようになったため、今川氏による支配で落ち着いた時期もある。室町戦国時代には、奥郡という呼び方もある。文明6年11月1日の如光弟子帳で,「奥郡野田」と見える(上宮寺文書/岡崎市史6)。その他,戦国期から江戸初期の史料では,大津(老津)・神戸・伊良湖・堀切・弥熊などが奥郡の地名として見え,渥美半島一帯が奥郡と称されていたものと推定される。天文20年5月7日の今川義元判物によると「参河国奥郡神戸郷南方名職之事,右如前前公事年貢等令取沙汰,百姓職永可勤之并船二艘事」が本多正忠に宛行われている(摩訶耶寺文書/静岡県史料5)。江戸期には吉田藩や田原藩や畑村藩などの変遷を経て廃藩置県を迎えた。郡の北端(宝飯郡との境界)を流れる現在の豊川(とよがわ)は過去、時代ごと地域ごとにいくつかの名称があったとされ、古代における最下流域の渡津郷付近では「飽海川(あくみがわ)」と呼ばれていたことが、承和2年(西暦835年)に発令された『太政官符』によって確認できる。渥美郡(あつみぐん)は、愛知県の南東部・渥美半島にあった郡。現在の豊橋市の大半(豊川・朝倉川の南側)と田原市の全域にあたる。人口21,657人、面積82.18 km²。(2004年最終)郡区町村編制法や郡制施行時、渥美郡役所は豊橋市の現在の豊橋公園内の豊橋市美術博物館の前の辺りに有った。また、1942年(昭和17年)7月から1955年(昭和30年)11月まで、渥美地方事務所が田原町に置かれた。2003年(平成15年)8月時点では、田原町・赤羽根町・渥美町の3町があったが、2003年(平成15年)8月20日に田原町が赤羽根町を編入、市制施行して田原市となり、残る渥美町も2005年(平成17年)10月1日に田原市へ編入され、同郡は消滅した。
rdfs:label
  • 渥美郡
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:廃止詳細 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of