Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 渟足柵(ぬたりのき、ぬたりのさく)は、飛鳥時代の大化3年(647年)に越国(高志国)に置かれた城柵(日本の城)の1つ。沼垂城とも書いた。詳細な所在地は不明だが、現在の新潟県新潟市東区にあったと考えられている。廃絶の時期も不明だが、8世紀初めまでは存在した。史上最初の城柵と目される。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 271439 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3451 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57209805 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:buildY
  • 大化3年(647年)
prop-ja:builders
prop-ja:name
  • 渟足柵
  • (沼垂城)
prop-ja:pref
  • 新潟県
prop-ja:rejectY
  • 不明
prop-ja:struct
  • 古代城柵
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 渟足柵(ぬたりのき、ぬたりのさく)は、飛鳥時代の大化3年(647年)に越国(高志国)に置かれた城柵(日本の城)の1つ。沼垂城とも書いた。詳細な所在地は不明だが、現在の新潟県新潟市東区にあったと考えられている。廃絶の時期も不明だが、8世紀初めまでは存在した。史上最初の城柵と目される。
rdfs:label
  • 渟足柵
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of