Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 清水谷家(しみずだにけ)は、羽林家の家格を有する公家。藤原北家閑院流。西園寺家の一門。家業は書道、笙、能楽、神楽。江戸時代の家禄は200石。伯爵。鎌倉時代、西園寺公経の次男実有を祖とする。当初は「一条家」と名乗っていたが、一条実秋の代に同じ家名の摂関家との重複を避けて現在の家名に改めたという。その後一時期中絶していたが、江戸時代初期に再興した。歌道で有名な三条西家より養子に入った清水谷実業は霊元院歌壇の代表的歌人として知られる。幕末、明治維新期の公考は、明治維新後、箱館府知事に就任する。実英は1884年(明治17年)7月7日伯爵位を授けられ、宮中顧問官、掌典次長を務めた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 516754 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4159 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56528717 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人物
prop-ja:出身地
prop-ja:家名
  • 清水谷家
prop-ja:家祖
prop-ja:家紋
  • Japanese Crest wari Hisi.svg
prop-ja:家紋名称
  • 割菱
prop-ja:本姓
  • 藤原北家閑院流西園寺庶流
prop-ja:根拠地
prop-ja:種別
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 清水谷家(しみずだにけ)は、羽林家の家格を有する公家。藤原北家閑院流。西園寺家の一門。家業は書道、笙、能楽、神楽。江戸時代の家禄は200石。伯爵。鎌倉時代、西園寺公経の次男実有を祖とする。当初は「一条家」と名乗っていたが、一条実秋の代に同じ家名の摂関家との重複を避けて現在の家名に改めたという。その後一時期中絶していたが、江戸時代初期に再興した。歌道で有名な三条西家より養子に入った清水谷実業は霊元院歌壇の代表的歌人として知られる。幕末、明治維新期の公考は、明治維新後、箱館府知事に就任する。実英は1884年(明治17年)7月7日伯爵位を授けられ、宮中顧問官、掌典次長を務めた。
rdfs:label
  • 清水谷家
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:支流 of
is prop-ja:氏族 of
is foaf:primaryTopic of