Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 清水 義高(しみず よしたか、生年不明 - 永禄8年6月2日(1565年6月29日))は、戦国時代の武将。最上氏の一族清水氏第5代当主である。最上郡清水城主。清水家は最上家枝連衆の成沢家の庶家。最上川舟運の拠点清水を支配し、内陸進出を狙う武藤家から度々攻められた。永禄8年(1565年)、武藤氏に属した尾浦城主大宝寺義増と戦って敗れて討死した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2627077 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 498 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53473356 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --08-22
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1565年没
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 清水 義高(しみず よしたか、生年不明 - 永禄8年6月2日(1565年6月29日))は、戦国時代の武将。最上氏の一族清水氏第5代当主である。最上郡清水城主。清水家は最上家枝連衆の成沢家の庶家。最上川舟運の拠点清水を支配し、内陸進出を狙う武藤家から度々攻められた。永禄8年(1565年)、武藤氏に属した尾浦城主大宝寺義増と戦って敗れて討死した。
rdfs:label
  • 清水義高
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of