Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 混相流(こんそうりゅう、英: multiphase flow)とは、物質の複数の相が混ざり合って流動する現象である。物質の状態に応じて、 気液二相流 - 気体と液体が混ざり合う 固液二相流 - 固体と液体が混ざり合う 液液二相流 - 水と油のように、両者とも液体でありながら、互いに界面張力がはたらくために溶け合わずに混ざり合うなどがあり、これらを総称して混相流と呼ぶ。混じりけのない純物質が自然界にほとんど存在し得ないことを考えると、我々の周りの流体は全て混相流であると言うこともできる。また、有機溶剤による地盤汚染問題などでは、厳密には地盤内の間隙に間隙水、空隙、有機溶剤の3種類の物質がそれぞれの形態で存在するため、多相流現象と呼ばれることがある。一般に、流体力学では混相流、地盤環境工学では多相流 (Multi-phase flow) と呼ばれることが多いようである。混相流としての物質の性質は、各相それぞれの物性のみならず、混ざり方によっても異なるものとなる。同じ気液二相流でも、片方の相が微粒子の形態をとりコロイドとなっているものと、両相ともある程度の大きさを持ち、界面がはっきりしているものでは、物理的振る舞いが異なる。そのため、理論的考察は非常に難しい。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1385907 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2023 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51145470 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 混相流(こんそうりゅう、英: multiphase flow)とは、物質の複数の相が混ざり合って流動する現象である。物質の状態に応じて、 気液二相流 - 気体と液体が混ざり合う 固液二相流 - 固体と液体が混ざり合う 液液二相流 - 水と油のように、両者とも液体でありながら、互いに界面張力がはたらくために溶け合わずに混ざり合うなどがあり、これらを総称して混相流と呼ぶ。混じりけのない純物質が自然界にほとんど存在し得ないことを考えると、我々の周りの流体は全て混相流であると言うこともできる。また、有機溶剤による地盤汚染問題などでは、厳密には地盤内の間隙に間隙水、空隙、有機溶剤の3種類の物質がそれぞれの形態で存在するため、多相流現象と呼ばれることがある。一般に、流体力学では混相流、地盤環境工学では多相流 (Multi-phase flow) と呼ばれることが多いようである。混相流としての物質の性質は、各相それぞれの物性のみならず、混ざり方によっても異なるものとなる。同じ気液二相流でも、片方の相が微粒子の形態をとりコロイドとなっているものと、両相ともある程度の大きさを持ち、界面がはっきりしているものでは、物理的振る舞いが異なる。そのため、理論的考察は非常に難しい。
rdfs:label
  • 混相流
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of