Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 消しゴム(けしゴム)とは、主に鉛筆などで書かれたものを消去するときに使う文房具。字消しとも呼ばれる。英語ではrubber(ラバー、《米》eraser《イレイサー》)である。直方体のものが最も一般的であるが、ボールペンのような形のノック式の消しゴムなども販売されている。また、色調は一般に白色のものが多いが黒色など色付きのものもある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 17109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5198 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 92 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59107164 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:中身の概要
  • 大阪府東大阪市にあるラビット(サクラクレパスグループ)の工場を取材して、原料から消しゴムができるまでの間の工程の流れを説明している
prop-ja:動画タイトル
  • 消しゴムができるまで
prop-ja:動画番号
  • B030601139
prop-ja:時間
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:番組番号
  • B980601
prop-ja:製作年度
  • 2003 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 消しゴム(けしゴム)とは、主に鉛筆などで書かれたものを消去するときに使う文房具。字消しとも呼ばれる。英語ではrubber(ラバー、《米》eraser《イレイサー》)である。直方体のものが最も一般的であるが、ボールペンのような形のノック式の消しゴムなども販売されている。また、色調は一般に白色のものが多いが黒色など色付きのものもある。
rdfs:label
  • 消しゴム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of