Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 海西女直(かいせいじょちょく)は、16世紀から17世紀の明末清初頃に、開原・吉林のあたりに居住していた女直(女真)の集団。「海西女直」とは明の側で彼らを呼称するのに用いられた名前であり、海西女直と呼ばれた諸集団は女真語(満州語)ではフルン・グルン(フルン国、忽剌温または扈倫とも表記された)と呼ばれる集団にあたる。フルンはウラ(烏拉)、ホイファ(輝発)、ハダ(哈達)、イェヘ(葉赫、エホ)の4つの政治体(4部)から構成されており、満州史の側からはフルン四部(中: 扈伦四部)とも呼ばれる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 362968 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1912 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56846956 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 海西女直(かいせいじょちょく)は、16世紀から17世紀の明末清初頃に、開原・吉林のあたりに居住していた女直(女真)の集団。「海西女直」とは明の側で彼らを呼称するのに用いられた名前であり、海西女直と呼ばれた諸集団は女真語(満州語)ではフルン・グルン(フルン国、忽剌温または扈倫とも表記された)と呼ばれる集団にあたる。フルンはウラ(烏拉)、ホイファ(輝発)、ハダ(哈達)、イェヘ(葉赫、エホ)の4つの政治体(4部)から構成されており、満州史の側からはフルン四部(中: 扈伦四部)とも呼ばれる。
rdfs:label
  • 海西女直
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of