Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 海苔(のり)とは、紅藻・緑藻・シアノバクテリア(藍藻)などを含む、食用とする藻類の総称。日本では、古く「紫菜」・「神仙菜」であったが、食品として、それら藻類を加工した「生海苔」や「板海苔」などが食されており、江戸前寿司などで重要な材料となっている。日本語の「ノリ」はヌラ(ぬるぬるするの意)を語源としており、水中の岩石に苔のように着生する藻類全般を表す語でもあるが、広義には食用とする紅藻類・藍藻類の総称である。平安末期は 「甘海苔」といい、アマノリを板海苔に成形した『浅草海苔』として広まった。海苔はたんぱく質、食物繊維、ビタミン、カルシウム、EPA、タウリン、ベーターカロテン、アミノ酸などが豊富に含まれており栄養に富んでいる。日本のほか、中国、韓国、イギリス、ニュージーランドで養殖もされている。一時はアメリカでも養殖されていたようである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 30104 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10932 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 203 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59175795 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:betacaroteneUg
  • 25000 (xsd:integer)
prop-ja:calciumMg
  • 280 (xsd:integer)
prop-ja:carbs
  • 44.3
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:fat
  • 3.7
prop-ja:fiber
  • 36.0
prop-ja:folateUg
  • 1900 (xsd:integer)
prop-ja:ironMg
  • 11.400000 (xsd:double)
prop-ja:kj
  • 787 (xsd:integer)
prop-ja:magnesiumMg
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:manganeseMg
  • 3.720000 (xsd:double)
prop-ja:monofat
  • 0.2
prop-ja:name
  • 焼きのり
prop-ja:niacinMg
  • 11.700000 (xsd:double)
prop-ja:note
prop-ja:opt1n
prop-ja:opt1v
  • 0.55
prop-ja:pantothenicMg
  • 1.180000 (xsd:double)
prop-ja:phosphorusMg
  • 700 (xsd:integer)
prop-ja:polyfat
  • 1.39
prop-ja:potassiumMg
  • 2400 (xsd:integer)
prop-ja:protein
  • 41.4
prop-ja:riboflavinMg
  • 2.330000 (xsd:double)
prop-ja:right
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:satfat
  • 0.55
prop-ja:sodiumMg
  • 530 (xsd:integer)
prop-ja:source
prop-ja:thiaminMg
  • 0.690000 (xsd:double)
prop-ja:title
  • 生業として漁業することは禁止されなかっただろう。
prop-ja:vitaUg
  • 2300 (xsd:integer)
prop-ja:vitb12Ug
  • 57.600000 (xsd:double)
prop-ja:vitb6Mg
  • 0.590000 (xsd:double)
prop-ja:vitcMg
  • 210 (xsd:integer)
prop-ja:vitdUg
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:viteMg
  • 4.600000 (xsd:double)
prop-ja:vitkUg
  • 390 (xsd:integer)
prop-ja:water
  • 2.3
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zincMg
  • 3.600000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 海苔(のり)とは、紅藻・緑藻・シアノバクテリア(藍藻)などを含む、食用とする藻類の総称。日本では、古く「紫菜」・「神仙菜」であったが、食品として、それら藻類を加工した「生海苔」や「板海苔」などが食されており、江戸前寿司などで重要な材料となっている。日本語の「ノリ」はヌラ(ぬるぬるするの意)を語源としており、水中の岩石に苔のように着生する藻類全般を表す語でもあるが、広義には食用とする紅藻類・藍藻類の総称である。平安末期は 「甘海苔」といい、アマノリを板海苔に成形した『浅草海苔』として広まった。海苔はたんぱく質、食物繊維、ビタミン、カルシウム、EPA、タウリン、ベーターカロテン、アミノ酸などが豊富に含まれており栄養に富んでいる。日本のほか、中国、韓国、イギリス、ニュージーランドで養殖もされている。一時はアメリカでも養殖されていたようである。
rdfs:label
  • 海苔
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:type of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:専門分野 of
is foaf:primaryTopic of