海岸(かいがん、英: coast)とは、陸が海に接する部分のこと。海辺(うみべ)、渚・沚(なぎさ)、汀(みぎわ)、水際(みずぎわ・すいさい)などともいう。 海岸は海により形成された陸地部分を指すが、古くは「渚」(なぎさ・みぎわ)、「汀」(みぎわ)、「海辺」(うみべ)といった呼称が一般的であった。「みぎわ」は水際を由来とし、中国漢字の水際を意味する渚や汀がその読みに充てられたと考えられている。 分類法はいくつもあり、その材質で「砂浜」「磯浜」などと分類する方法や、成因によって「沈水海岸」「離水海岸」などと分類する方法などがある。 海岸と生物の関係について焦点を当てると、さまざまな海岸の中でも岩礁性の海岸が特に生物が豊富である。砂浜は相対的には生物は少ないが、砂の隙間には間隙性生物が、陸側には海浜植物が見られる。 陸と海との境界の「線」は海岸線と言う。潮位との関連で「高潮海岸線」「低潮海岸線」の2種類があり、地形図には高潮海岸線が、海図には低潮海岸線が使われる。

Property Value
dbo:abstract
  • 海岸(かいがん、英: coast)とは、陸が海に接する部分のこと。海辺(うみべ)、渚・沚(なぎさ)、汀(みぎわ)、水際(みずぎわ・すいさい)などともいう。 海岸は海により形成された陸地部分を指すが、古くは「渚」(なぎさ・みぎわ)、「汀」(みぎわ)、「海辺」(うみべ)といった呼称が一般的であった。「みぎわ」は水際を由来とし、中国漢字の水際を意味する渚や汀がその読みに充てられたと考えられている。 分類法はいくつもあり、その材質で「砂浜」「磯浜」などと分類する方法や、成因によって「沈水海岸」「離水海岸」などと分類する方法などがある。 海岸と生物の関係について焦点を当てると、さまざまな海岸の中でも岩礁性の海岸が特に生物が豊富である。砂浜は相対的には生物は少ないが、砂の隙間には間隙性生物が、陸側には海浜植物が見られる。 陸と海との境界の「線」は海岸線と言う。潮位との関連で「高潮海岸線」「低潮海岸線」の2種類があり、地形図には高潮海岸線が、海図には低潮海岸線が使われる。 (ja)
  • 海岸(かいがん、英: coast)とは、陸が海に接する部分のこと。海辺(うみべ)、渚・沚(なぎさ)、汀(みぎわ)、水際(みずぎわ・すいさい)などともいう。 海岸は海により形成された陸地部分を指すが、古くは「渚」(なぎさ・みぎわ)、「汀」(みぎわ)、「海辺」(うみべ)といった呼称が一般的であった。「みぎわ」は水際を由来とし、中国漢字の水際を意味する渚や汀がその読みに充てられたと考えられている。 分類法はいくつもあり、その材質で「砂浜」「磯浜」などと分類する方法や、成因によって「沈水海岸」「離水海岸」などと分類する方法などがある。 海岸と生物の関係について焦点を当てると、さまざまな海岸の中でも岩礁性の海岸が特に生物が豊富である。砂浜は相対的には生物は少ないが、砂の隙間には間隙性生物が、陸側には海浜植物が見られる。 陸と海との境界の「線」は海岸線と言う。潮位との関連で「高潮海岸線」「低潮海岸線」の2種類があり、地形図には高潮海岸線が、海図には低潮海岸線が使われる。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 74002 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6609 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81131183 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 海岸(かいがん、英: coast)とは、陸が海に接する部分のこと。海辺(うみべ)、渚・沚(なぎさ)、汀(みぎわ)、水際(みずぎわ・すいさい)などともいう。 海岸は海により形成された陸地部分を指すが、古くは「渚」(なぎさ・みぎわ)、「汀」(みぎわ)、「海辺」(うみべ)といった呼称が一般的であった。「みぎわ」は水際を由来とし、中国漢字の水際を意味する渚や汀がその読みに充てられたと考えられている。 分類法はいくつもあり、その材質で「砂浜」「磯浜」などと分類する方法や、成因によって「沈水海岸」「離水海岸」などと分類する方法などがある。 海岸と生物の関係について焦点を当てると、さまざまな海岸の中でも岩礁性の海岸が特に生物が豊富である。砂浜は相対的には生物は少ないが、砂の隙間には間隙性生物が、陸側には海浜植物が見られる。 陸と海との境界の「線」は海岸線と言う。潮位との関連で「高潮海岸線」「低潮海岸線」の2種類があり、地形図には高潮海岸線が、海図には低潮海岸線が使われる。 (ja)
  • 海岸(かいがん、英: coast)とは、陸が海に接する部分のこと。海辺(うみべ)、渚・沚(なぎさ)、汀(みぎわ)、水際(みずぎわ・すいさい)などともいう。 海岸は海により形成された陸地部分を指すが、古くは「渚」(なぎさ・みぎわ)、「汀」(みぎわ)、「海辺」(うみべ)といった呼称が一般的であった。「みぎわ」は水際を由来とし、中国漢字の水際を意味する渚や汀がその読みに充てられたと考えられている。 分類法はいくつもあり、その材質で「砂浜」「磯浜」などと分類する方法や、成因によって「沈水海岸」「離水海岸」などと分類する方法などがある。 海岸と生物の関係について焦点を当てると、さまざまな海岸の中でも岩礁性の海岸が特に生物が豊富である。砂浜は相対的には生物は少ないが、砂の隙間には間隙性生物が、陸側には海浜植物が見られる。 陸と海との境界の「線」は海岸線と言う。潮位との関連で「高潮海岸線」「低潮海岸線」の2種類があり、地形図には高潮海岸線が、海図には低潮海岸線が使われる。 (ja)
rdfs:label
  • 海岸 (ja)
  • 海岸 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:group of
is foaf:primaryTopic of