Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 浜名湖のり(はまなこのり)は、浜名湖で1820年頃から続く養殖海苔である。浜名湖は現存する最古の海苔養殖場と言われ、この海苔は磯の香りが強く深い緑色をした特徴的なものであるが、地域住民の認知度が高い物とはなっていない。そこで2009年に『浜名湖のりブランド推進協議会』によってブランド化された。主な加工方法としては、黒海苔と混ぜて、板海苔とするのが一般的である。地元の遠州地方(静岡県西部地方)では、生海苔のまま味噌汁に浮かべたり、三杯酢で食したりする。また、海苔の佃煮として県内メーカーにより販売されている。学術名称「ヒロハノヒトエグサ」の名のとおり、幅広な繊維が特有の滑らかさを生む。ヒトエグサの藻体は一層の細胞からできているので、透きとおる薄さであり、なめらかで柔らかい。俗に言う岩海苔はアマノリ属の藻体を煮たもので、岩海苔だけでは硬くなめらかではないので、ヒトエグサを混ぜることが多い。2011年には、浜名湖のりブランド推進協議会「100夢プロジェクト」が、浜名湖のりを使用した「11.5メートル四方の巨大な二次元コード」を作成し、ギネス世界記録に認定された
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1523116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 863 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54527691 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 浜名湖のり(はまなこのり)は、浜名湖で1820年頃から続く養殖海苔である。浜名湖は現存する最古の海苔養殖場と言われ、この海苔は磯の香りが強く深い緑色をした特徴的なものであるが、地域住民の認知度が高い物とはなっていない。そこで2009年に『浜名湖のりブランド推進協議会』によってブランド化された。主な加工方法としては、黒海苔と混ぜて、板海苔とするのが一般的である。地元の遠州地方(静岡県西部地方)では、生海苔のまま味噌汁に浮かべたり、三杯酢で食したりする。また、海苔の佃煮として県内メーカーにより販売されている。学術名称「ヒロハノヒトエグサ」の名のとおり、幅広な繊維が特有の滑らかさを生む。ヒトエグサの藻体は一層の細胞からできているので、透きとおる薄さであり、なめらかで柔らかい。俗に言う岩海苔はアマノリ属の藻体を煮たもので、岩海苔だけでは硬くなめらかではないので、ヒトエグサを混ぜることが多い。2011年には、浜名湖のりブランド推進協議会「100夢プロジェクト」が、浜名湖のりを使用した「11.5メートル四方の巨大な二次元コード」を作成し、ギネス世界記録に認定された
rdfs:label
  • 浜名湖のり
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of