Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 浅間 利恵子(あさま りえこ)1863年(文久3年)10月12日 - 1945年(昭和20年)10月15日)は、江戸、浅草出身の明治から昭和にかけて活躍した石版画家、日本画家である。 亀井至一に入門し洋画を学び、石版画の画工として活動する。本名は浅間里恵。浅草の薬種商浅間栄七の二女。21歳より日本画に転じ容齊派の歴史画家、松本楓湖に入門し日本画の基礎を学びこの松本楓湖より雅号「錦楓」を授与され、前田錦楓と号す。1887年名古屋の速念寺、住職前田 學に嫁ぎ姓を前田と改姓する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2328005 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 483 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54077730 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 浅間 利恵子(あさま りえこ)1863年(文久3年)10月12日 - 1945年(昭和20年)10月15日)は、江戸、浅草出身の明治から昭和にかけて活躍した石版画家、日本画家である。 亀井至一に入門し洋画を学び、石版画の画工として活動する。本名は浅間里恵。浅草の薬種商浅間栄七の二女。21歳より日本画に転じ容齊派の歴史画家、松本楓湖に入門し日本画の基礎を学びこの松本楓湖より雅号「錦楓」を授与され、前田錦楓と号す。1887年名古屋の速念寺、住職前田 學に嫁ぎ姓を前田と改姓する。
rdfs:label
  • 浅間理恵
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of