Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 浄瑠璃(じょうるり)は、三味線を伴奏楽器として太夫が詞章(ししょう)を語る劇場音楽、音曲である。詞章が単なる歌ではなく、劇中人物のセリフやその仕草、演技の描写をも含むものであるために、語り口が叙事的な力強さを持つ。このため浄瑠璃を口演することは「歌う」ではなく「語る」と言い、浄瑠璃系統の音曲をまとめて語り物(かたりもの)と呼ぶのが一般的である。浄瑠璃の流派は江戸時代初期から「~節」とする太夫が多く表れたが、現在、「義太夫節」「河東節」「一中節」「常磐津節」「富本節」「清元節」「新内節」「宮園節」の8種類の浄瑠璃がある。。なお義太夫節では同一の丸本が、丸本歌舞伎狂言に用いられる場合と、人形浄瑠璃における場合とでは、微妙に間合いが異なることとなる。地方によっては「浄瑠璃」という語が義太夫節のことのみを指す場合があるが、上記に様に8種の浄瑠璃が現存し、あくまで義太夫節は浄瑠璃の1つである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 36273 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6206 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 169 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58393385 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 浄瑠璃(じょうるり)は、三味線を伴奏楽器として太夫が詞章(ししょう)を語る劇場音楽、音曲である。詞章が単なる歌ではなく、劇中人物のセリフやその仕草、演技の描写をも含むものであるために、語り口が叙事的な力強さを持つ。このため浄瑠璃を口演することは「歌う」ではなく「語る」と言い、浄瑠璃系統の音曲をまとめて語り物(かたりもの)と呼ぶのが一般的である。浄瑠璃の流派は江戸時代初期から「~節」とする太夫が多く表れたが、現在、「義太夫節」「河東節」「一中節」「常磐津節」「富本節」「清元節」「新内節」「宮園節」の8種類の浄瑠璃がある。。なお義太夫節では同一の丸本が、丸本歌舞伎狂言に用いられる場合と、人形浄瑠璃における場合とでは、微妙に間合いが異なることとなる。地方によっては「浄瑠璃」という語が義太夫節のことのみを指す場合があるが、上記に様に8種の浄瑠璃が現存し、あくまで義太夫節は浄瑠璃の1つである。
rdfs:label
  • 浄瑠璃
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:genre of
is dbpedia-owl:occupation of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:occupation of
is foaf:primaryTopic of