Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 流動層(りゅうどうそう)または流動床(りゅうどうしょう)とは、上向きに流体を噴出させることによって、固体粒子を流体中に懸濁浮遊させた状態をいう。粒子に働く流体の力と重力とがつりあい、全体が均一な流体のように挙動する。次のような利点がある。 固体と流体との接触面接が非常に大きい。 固体と流体との相対速度が大きい。 固体粒子が急速に混合される。 粒子間または粒子と器壁との衝突頻度が高い。このため、各種工業の工程に幅広く応用される。例としては、焼却炉またはボイラにおける燃焼、水処理、化学反応、乾燥、乾留、吸収、吸着、造粒などがある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2489393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 449 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47488150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 流動層(りゅうどうそう)または流動床(りゅうどうしょう)とは、上向きに流体を噴出させることによって、固体粒子を流体中に懸濁浮遊させた状態をいう。粒子に働く流体の力と重力とがつりあい、全体が均一な流体のように挙動する。次のような利点がある。 固体と流体との接触面接が非常に大きい。 固体と流体との相対速度が大きい。 固体粒子が急速に混合される。 粒子間または粒子と器壁との衝突頻度が高い。このため、各種工業の工程に幅広く応用される。例としては、焼却炉またはボイラにおける燃焼、水処理、化学反応、乾燥、乾留、吸収、吸着、造粒などがある。
rdfs:label
  • 流動層
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of