Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 活性メチレン化合物(かっせいメチレンかごうぶつ、active methylene compounds または active hydrogen compounds)とは、有機化合物の中で、2個の電子求引基にはさまれたメチレン基 (−CH2−) を持つ一連の化合物群を指す用語。そのメチレン基が C−H 化合物の中では比較的高い酸性を示すことから、簡便にカルバニオンを発生させられる基質として、多くの炭素-炭素結合生成反応への応用がなされる化合物群である。電子求引基としては、カルボニル基 (R−C(=O)−)、エステル基 (RO−C(=O)−)、シアノ基 (N≡C−)、ニトロ基 (O2N−)、スルホニル基 (R−S(=O)2−)、スルフィニル基 (R−S(=O)−)、ホスホノ基 ((RO)2P(=O)−) などが例として挙げられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 840377 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1567 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55074526 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 活性メチレン化合物(かっせいメチレンかごうぶつ、active methylene compounds または active hydrogen compounds)とは、有機化合物の中で、2個の電子求引基にはさまれたメチレン基 (−CH2−) を持つ一連の化合物群を指す用語。そのメチレン基が C−H 化合物の中では比較的高い酸性を示すことから、簡便にカルバニオンを発生させられる基質として、多くの炭素-炭素結合生成反応への応用がなされる化合物群である。電子求引基としては、カルボニル基 (R−C(=O)−)、エステル基 (RO−C(=O)−)、シアノ基 (N≡C−)、ニトロ基 (O2N−)、スルホニル基 (R−S(=O)2−)、スルフィニル基 (R−S(=O)−)、ホスホノ基 ((RO)2P(=O)−) などが例として挙げられる。
rdfs:label
  • 活性メチレン化合物
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of