Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 活動火山対策特別措置法(かつどうかざんたいさくとくべつそちほう、昭和48年7月24日法律第61号)とは日本の法律。火山の爆発その他の火山現象により著しい被害を受け、又は受けるおそれがあると認められる地域等について、避難施設、防災営農施設等の整備及び降灰除去事業の実施を促進する等特別の措置を講じ、当該地域における住民等の生命及び身体の安全並びに住民の生活及び農林漁業、中小企業等の経営の安定を図ることを目的としている。避難施設緊急整備、降灰除去、火山現象の研究観測体制の整備などを規定している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2394005 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1302 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58745717 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
  • 活動火山対策
prop-ja:効力
  • 現行法
prop-ja:番号
  • --07-24
prop-ja:種類
  • 行政法
prop-ja:通称
  • 活火山対策特措法
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 活動火山対策特別措置法
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 活動火山対策特別措置法(かつどうかざんたいさくとくべつそちほう、昭和48年7月24日法律第61号)とは日本の法律。火山の爆発その他の火山現象により著しい被害を受け、又は受けるおそれがあると認められる地域等について、避難施設、防災営農施設等の整備及び降灰除去事業の実施を促進する等特別の措置を講じ、当該地域における住民等の生命及び身体の安全並びに住民の生活及び農林漁業、中小企業等の経営の安定を図ることを目的としている。避難施設緊急整備、降灰除去、火山現象の研究観測体制の整備などを規定している。
rdfs:label
  • 活動火山対策特別措置法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of