Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 泉優二(いずみ ゆうじ、1946年2月5日 - 2013年1月6日)は、東京都出身の文筆家、映像作家である。本名・鈴木孝志。映画監督を志し、山本薩夫のもとで働く。その後、大映に入社する。1971年にフリーとなり、テレビやラジオの脚本を書きながら、ラジオ番組『ハローヤマハ2&4』(TBSラジオ)「東芝マイマイカンパニー」(市川光興ディレクター)の司会も担当した。この頃からサッカーの魅力に取り付かれる。1976年には東京都大田区初の少年サッカークラブを設立し、監督に就任する。のちにこの活動を記録した著作物『サッカー大好き!』(1994年)の文章が「中学2年道徳」の副読本に掲載された。この事例は文豪以外の文筆家の著作物が教科書等の教材に採用される切っ掛けとなった。1977年に活動拠点をヨーロッパ(オランダ)にも構え、ヨーロッパと日本を往き来しながら活動を続ける。1978年には、1977年ロードレース世界選手権(WGP)350ccクラス世界チャンピオン片山敬済を取材したドキュメンタリー番組を制作し、『木曜スペシャル』(日本テレビ)で放送される。泉はこの番組により日本のテレビで初めてWGPを紹介し、スポーツ新聞にWGPというバイクレースの世界選手権があることを伝えた。当時の日本では一般の人でWGPを知る人が極少数に限られていたので、泉は広報活動に奔走した。1980年に映画『汚れた英雄』のヨーロッパの場面の撮影および監督を担当し、マン島TTレースとWGPフランスGPを取材する。1984年にはドキュメンタリー映画『蘇えるヒーロー、片山敬済』(日本ヘラルド)を監督。また、映画『ウィンディー』(東宝東和)の原作を執筆し、文筆家として活動を始める。1985年はヨーロッパでの活動拠点をフランスのニースに移す。1988年から1990年までの3シーズンをWGPで、チーム竹島の監督して参戦する。1992年にヨーロッパでの活動を終了する。その後日本のスポーツ新聞でコラムを担当し、サッカーの取材を開始する。1993年から定期的にサッカー関連雑誌に寄稿する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1856090 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6666 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 95 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57702967 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 泉優二(いずみ ゆうじ、1946年2月5日 - 2013年1月6日)は、東京都出身の文筆家、映像作家である。本名・鈴木孝志。映画監督を志し、山本薩夫のもとで働く。その後、大映に入社する。1971年にフリーとなり、テレビやラジオの脚本を書きながら、ラジオ番組『ハローヤマハ2&4』(TBSラジオ)「東芝マイマイカンパニー」(市川光興ディレクター)の司会も担当した。この頃からサッカーの魅力に取り付かれる。1976年には東京都大田区初の少年サッカークラブを設立し、監督に就任する。のちにこの活動を記録した著作物『サッカー大好き!』(1994年)の文章が「中学2年道徳」の副読本に掲載された。この事例は文豪以外の文筆家の著作物が教科書等の教材に採用される切っ掛けとなった。1977年に活動拠点をヨーロッパ(オランダ)にも構え、ヨーロッパと日本を往き来しながら活動を続ける。1978年には、1977年ロードレース世界選手権(WGP)350ccクラス世界チャンピオン片山敬済を取材したドキュメンタリー番組を制作し、『木曜スペシャル』(日本テレビ)で放送される。泉はこの番組により日本のテレビで初めてWGPを紹介し、スポーツ新聞にWGPというバイクレースの世界選手権があることを伝えた。当時の日本では一般の人でWGPを知る人が極少数に限られていたので、泉は広報活動に奔走した。1980年に映画『汚れた英雄』のヨーロッパの場面の撮影および監督を担当し、マン島TTレースとWGPフランスGPを取材する。1984年にはドキュメンタリー映画『蘇えるヒーロー、片山敬済』(日本ヘラルド)を監督。また、映画『ウィンディー』(東宝東和)の原作を執筆し、文筆家として活動を始める。1985年はヨーロッパでの活動拠点をフランスのニースに移す。1988年から1990年までの3シーズンをWGPで、チーム竹島の監督して参戦する。1992年にヨーロッパでの活動を終了する。その後日本のスポーツ新聞でコラムを担当し、サッカーの取材を開始する。1993年から定期的にサッカー関連雑誌に寄稿する。
rdfs:label
  • 泉優二
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of