Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 沼サンゴ(ぬまさんご)とは、千葉県房総半島南端の館山市周辺に形成されたサンゴ礁の化石群。館山市周辺の沼(ぬま)地区に分布することからその名が付けられた。沼地区および同市南条地区などで見られる。およそ6000年前の縄文海進の時期に形成されたサンゴ礁であり、海水面の低下や関東大震災時の隆起を経た現在では標高約20-30m(海岸線からは1kmほど内陸)の地点にある。層からはおよそ75-100種のサンゴが確認されており、造礁当時の南房総が現在よりも温暖な気候であったことを示唆している。沼地区(千葉県指定天然記念物)場所:館山市沼521-3指定年月日:昭和42年3月7日南条地区(館山市指定天然記念物)場所:館山市南条518-2 八幡神社指定日年月:昭和40年4月21日
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1854986 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1701 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50983100 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 沼サンゴ(ぬまさんご)とは、千葉県房総半島南端の館山市周辺に形成されたサンゴ礁の化石群。館山市周辺の沼(ぬま)地区に分布することからその名が付けられた。沼地区および同市南条地区などで見られる。およそ6000年前の縄文海進の時期に形成されたサンゴ礁であり、海水面の低下や関東大震災時の隆起を経た現在では標高約20-30m(海岸線からは1kmほど内陸)の地点にある。層からはおよそ75-100種のサンゴが確認されており、造礁当時の南房総が現在よりも温暖な気候であったことを示唆している。沼地区(千葉県指定天然記念物)場所:館山市沼521-3指定年月日:昭和42年3月7日南条地区(館山市指定天然記念物)場所:館山市南条518-2 八幡神社指定日年月:昭和40年4月21日
rdfs:label
  • 沼サンゴ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of