Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 油圧ショベル(ゆあつショベル)とは、油圧シリンダーにより作動する複数の腕状のもの(機械本体の基部から順にブーム、アーム)の先端にバケットを取り付けて掘削する自走式建設機械でいわゆる掘削機である。バケットの代わりに各種アタッチメントに付け替えて様々な用途に使用でき、下部フレームにブレード(排土板)を装備した物もありブルドーザーのような整地作業もできる。油圧ショベルが普及する以前は、ウインチでワイヤーの巻き上げ、巻き下げでバケットを前方に引っ張り掘削するドラグショベルが原型である。油圧システム以前の機構としては油圧シリンダーを動かすコントロールバルブはオペレーターが操作するレバーに取り付けたケーブル類の動きの量によって操作していた。又その当時は前後にしかレバーが動かせなかったため8本レバーの物も存在した。下(後ろ)向きのバケットを取り付けてバックホーとして使うのがもっとも一般的だが、その他にも上(前)向きのバケットを取り付けてローディングショベルや、圧砕機、鉄骨切断機を取り付けてビルの解体、コンクリートや道路のアスファルト、自然石を打撃により破砕するブレーカー等の多種多様なアタッチメントに交換でき非常に幅広い用途に使われる。油圧式ショベル、ユンボ、バックホー、パワーショベル、ドラグショベルともいう。よくメディアで報道されるショベルカーなるものは存在しない。車両重量が6トン未満のものに関しては、ミニショベルさらに小型のものはマイクロショベルと呼称される。油圧ショベルで吊り上げ作業をする場合は、バケット等のアタッチメントに直接ワイヤーを取り付けた吊り上げ作業でワイヤーが外れ死亡事故が多発した為、「クレーン機能付油圧ショベル」でしか現在は吊り上げ作業を認められていない。吊り上げられる重量は油圧ショベルの大きさで異なる。英語ではエクスカベーター (Excavator)。 油圧ショベル 1990年代に入ってから、社団法人日本建設機械工業会により新たに制定された統一名称である。 パワーショベル 小松製作所が商品名として用いた言葉が一般に広く普及したものである。 ショベルカー 新聞やテレビなどマスコミで使われることが多く、一般にも比較的よく知られた呼び名であるが、前述通り建設機械業界ではショベルカーなるものは存在しない。 ユンボ もとはフランスの建設機械メーカーであるシカム社 (SICAM) の商標。新三菱重工業(現:三菱重工業)が技術導入して日本で生産・販売した結果、日本ではこの名前が広く普及した。現在では油圧ショベルを指す代名詞として現場などで使われている。 バックホー バケットを機体側に引き寄せる方向に動かして作業するタイプの油圧ショベルを指す。ユンボ同様、工事現場ではよくこの名で呼ばれる。 ドラグショベル 「バックホー」と同意。専ら国土交通省など官庁の文書に使われ、日常使用することは少ない。 ローディングショベル 直訳すると「積み込みショベル」。ダンプカーに積み込む用途で用いられ走行装置は後述するホイール式で厳密には掘削機とは違う。砕石場や鉱山での採掘現場で使われ大型機が多い。バケットを機体手前から前方および上方に押すように動かして作業する。「ホイールローダー」、「ペイローダー」とも言われる。 解体機 現代日本では油圧ショベルは建造物解体工事の主役となっているが、一般的に油圧ショベル(バックホー)は前下方への作業用に設計されているため、解体工事用に頭上方向への作業性を高めたモデルが各社からリリースされており、解体機と呼ばれる。通常の油圧ショベルが足元まで掘りやすいようブーム、アームが内側に屈曲しているのに対し、解体機は高所まで届くようリーチを伸ばすため直線形に近いアームや、さらに二重関節で可動範囲を広げたアーム、高層建築物解体に特化した長大なアームを持ち、中には40メートルにも達するもの等、解体対象に応じて様々なタイプが存在する。↑
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 194589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14989 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 185 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59008451 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 油圧ショベル(ゆあつショベル)とは、油圧シリンダーにより作動する複数の腕状のもの(機械本体の基部から順にブーム、アーム)の先端にバケットを取り付けて掘削する自走式建設機械でいわゆる掘削機である。バケットの代わりに各種アタッチメントに付け替えて様々な用途に使用でき、下部フレームにブレード(排土板)を装備した物もありブルドーザーのような整地作業もできる。油圧ショベルが普及する以前は、ウインチでワイヤーの巻き上げ、巻き下げでバケットを前方に引っ張り掘削するドラグショベルが原型である。油圧システム以前の機構としては油圧シリンダーを動かすコントロールバルブはオペレーターが操作するレバーに取り付けたケーブル類の動きの量によって操作していた。又その当時は前後にしかレバーが動かせなかったため8本レバーの物も存在した。下(後ろ)向きのバケットを取り付けてバックホーとして使うのがもっとも一般的だが、その他にも上(前)向きのバケットを取り付けてローディングショベルや、圧砕機、鉄骨切断機を取り付けてビルの解体、コンクリートや道路のアスファルト、自然石を打撃により破砕するブレーカー等の多種多様なアタッチメントに交換でき非常に幅広い用途に使われる。油圧式ショベル、ユンボ、バックホー、パワーショベル、ドラグショベルともいう。よくメディアで報道されるショベルカーなるものは存在しない。車両重量が6トン未満のものに関しては、ミニショベルさらに小型のものはマイクロショベルと呼称される。油圧ショベルで吊り上げ作業をする場合は、バケット等のアタッチメントに直接ワイヤーを取り付けた吊り上げ作業でワイヤーが外れ死亡事故が多発した為、「クレーン機能付油圧ショベル」でしか現在は吊り上げ作業を認められていない。吊り上げられる重量は油圧ショベルの大きさで異なる。英語ではエクスカベーター (Excavator)。 油圧ショベル 1990年代に入ってから、社団法人日本建設機械工業会により新たに制定された統一名称である。 パワーショベル 小松製作所が商品名として用いた言葉が一般に広く普及したものである。 ショベルカー 新聞やテレビなどマスコミで使われることが多く、一般にも比較的よく知られた呼び名であるが、前述通り建設機械業界ではショベルカーなるものは存在しない。 ユンボ もとはフランスの建設機械メーカーであるシカム社 (SICAM) の商標。新三菱重工業(現:三菱重工業)が技術導入して日本で生産・販売した結果、日本ではこの名前が広く普及した。現在では油圧ショベルを指す代名詞として現場などで使われている。 バックホー バケットを機体側に引き寄せる方向に動かして作業するタイプの油圧ショベルを指す。ユンボ同様、工事現場ではよくこの名で呼ばれる。 ドラグショベル 「バックホー」と同意。専ら国土交通省など官庁の文書に使われ、日常使用することは少ない。 ローディングショベル 直訳すると「積み込みショベル」。ダンプカーに積み込む用途で用いられ走行装置は後述するホイール式で厳密には掘削機とは違う。砕石場や鉱山での採掘現場で使われ大型機が多い。バケットを機体手前から前方および上方に押すように動かして作業する。「ホイールローダー」、「ペイローダー」とも言われる。 解体機 現代日本では油圧ショベルは建造物解体工事の主役となっているが、一般的に油圧ショベル(バックホー)は前下方への作業用に設計されているため、解体工事用に頭上方向への作業性を高めたモデルが各社からリリースされており、解体機と呼ばれる。通常の油圧ショベルが足元まで掘りやすいようブーム、アームが内側に屈曲しているのに対し、解体機は高所まで届くようリーチを伸ばすため直線形に近いアームや、さらに二重関節で可動範囲を広げたアーム、高層建築物解体に特化した長大なアームを持ち、中には40メートルにも達するもの等、解体対象に応じて様々なタイプが存在する。↑
rdfs:label
  • 油圧ショベル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:genre of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of