Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 油仕法(あぶらしほう)とは、江戸時代中期以降に江戸幕府によって行われた油の製造・販売に関する統制政策のこと。代表的なものとして、明和3年(1766年)に実施されて同7年(1770年)に改正された「明和の仕法」と天保3年(1832年)に実施されて同5年(1834年)に改正された「天保の改正仕法」が知られている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2830868 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2158 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48792814 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 油仕法(あぶらしほう)とは、江戸時代中期以降に江戸幕府によって行われた油の製造・販売に関する統制政策のこと。代表的なものとして、明和3年(1766年)に実施されて同7年(1770年)に改正された「明和の仕法」と天保3年(1832年)に実施されて同5年(1834年)に改正された「天保の改正仕法」が知られている。
rdfs:label
  • 油仕法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of